« アベンジャーズ | トップページ | あなたへ »

2012/09/02

プロメテウス

Pなぜ、『プロメテウス』は『エイリアン』を名乗らなかったのか?

製作当初はエイリアンの前日譚であるとされていたにもかかわらず、出来上がってみると『エイリアン・ゼロ』ではなくて、まるでコードネームのようなタイトルが付けられていたのは、どうしてなのだろう。

わからなくはない。
33年前の新進気鋭の映像作家も、今では『巨匠』と称される存在となった。
正直、今さら『エイリアン』でもないだろう。その気持ちはよくわかる。
『2』はともかく、『3』『4』と蛇足のようにシリーズは続けられ、挙げ句の果てには『vsプレデター』シリーズで大迷走。もはや『エイリアン』には手垢がつきまくりだもの。
だから、せいぜいエイリアンの『世界観』をほのめかす程度のSFになれば御の字だと思っていましたよ。

しかし開けてみれば、そこにあるのは『世界観』ではなくて『世界』そのもの。
皆が実は期待していた物語がそこにあった。
その物語は意外でも謎でもなかったかもしれない。予告編を観れば今回のエイリアンがどう『感染』していくのか予想できるし、CMで『人類の起源』などと言われれば、その『謎』など観なくてもわかってしまう。
でも、いいのです。『予想通り』の悪夢が目の前で始まったのですから。

美しくてグロテスク。金属質で粘液質。無機的で有機的。
33年の間に磨きをかけられた映像美を駆使して描かれるものは、33年前と同じ空気。さらに美しくなった恐怖。『エイリアン』を初めて観たときの、なんともいえないイヤな感触。直視したいようなしたくないような、その生命力。

なぜ、『プロメテウス』は『エイリアン』を名乗らなかったのか?

名前なんかどうでもいいからです。名前なんか記号で十分だからです。
観ればわかるのです。33年ぶりに帰ってきた、本物であることが。
エンディングで劇場に響き渡る、あの耳障りな『声』。あれが名乗りなのです。誰が本当の『エイリアン』なのかを皆に知らしめるための。

いいものみせてもらいましたよ、本当に。
『過去の亡霊』に出会ったら、こんな風に怖いのでしょうね。
リドリー・スコット、74歳。ほんとうにありがたいことです。

53/2012

#449

|

« アベンジャーズ | トップページ | あなたへ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/55463240

この記事へのトラックバック一覧です: プロメテウス:

» プロメテウス : エイリアン誕生の秘密が明らかに [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は、初めて先行上映で映画を観てきました。楽しみにしている作品は早く観たいですからねぇ。では、本日紹介する作品は、楽しみにされている方も多いこちらになります。 【 [続きを読む]

受信: 2012/09/05 11:43

» 映画「プロメテウス」この創造世界を大スクリーンで楽しみたい [soramove]
「プロメテウス」★★★★ ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、 シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース出演 リドリー・スコット監督、 124分、2012年8月24日(公開) 2012,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:PROMETHEUS ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「時は2090年台、 2年の宇宙航海の... [続きを読む]

受信: 2012/09/10 23:58

« アベンジャーズ | トップページ | あなたへ »