« バイオハザードV リトリビューション | トップページ | ロック・オブ・エイジズ »

2012/09/30

鍵泥棒のメソッド

Key 基本的には主演の二人、堺雅人と香川照之の演技を楽しむ映画なのだと思います。

そしてその期待に、十分応えてくれるだけのものをみせてくれる二人は流石です。
さらに予想外といったら失礼かもしれませんが、広末涼子が思いの外、よいのです。

もはや30代、かわいいだけのアイドルではやっていけない。そんな分岐点に差しかかっていた彼女にとって本作の役柄はある意味で等身大。いまの彼女をストレートに出しただけともいえますが、それでも今後彼女が女優として、まだやっていける道がいろいろありそうだと感じることができました。

映画のプロダクションとしてはとても小さな映画で、スケール感も映像美もありませんが、佳作という言葉がぴったりくるような楽しい小品だったと思います。

59/2012

#455

|

« バイオハザードV リトリビューション | トップページ | ロック・オブ・エイジズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/55782027

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵泥棒のメソッド:

» 鍵泥棒のメソッド : 日本人らしい丁寧な仕事が光る映画 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 安藤美姫の娘の「父親候補」が混沌だなんて、どうでもよい話を女性週刊誌は話題にしますね。日本人の美徳はどこへ行ったのでしょうか。こんなくだらない雑誌があるから、「図書 [続きを読む]

受信: 2013/07/10 10:54

« バイオハザードV リトリビューション | トップページ | ロック・オブ・エイジズ »