« 幸せの教室 | トップページ | 外事警察 その男に騙されるな »

2012/07/08

メン・イン・ブラック3

Mib3いかにもSF超大作的なシリーズですが、実は大作的な壮大さの感じられるシリーズではなかったというのが正直なところです。

結局のところは、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの漫才的かけあいに、粘液質エイリアンの下品な悪趣味描写をちりばめただけの映画。SF的ストーリーの面白さや、スリリングなアクション。そういったものとは、全く無縁のシリーズだったといえるでしょう。

それは、この三作目でも基本的には変わっていません。しかし本作では、出番の減ったトミー・リー・ジョーンズの代わって登場するジョシュ・ブローリンが、映画に微妙な変化をもたらしました。彼の登場する『過去パート』。そこでの人間ドラマがなかなかよいのです。

それぞれの登場人物の、それぞれの過去。ここまで決して語られることのなかったストーリー。軽妙なトークで観客の笑いを誘うだけの存在ではなく、血の通った存在としてそれぞれのキャラクターが描かれたことで、過去のシリーズには存在しなかった、情感と感動が生まれています。

まさか『メン・イン・ブラック』に泣かされるとは。
そう思った観客も多かったのではないでしょうか(まぁ、『メン・イン・ブラック』の本質を考えれば、これは反則技かもしれませんけれど…)。
とりあえず、ダントツのシリーズ最高傑作であることは間違いありません。

40/2012

#436

|

« 幸せの教室 | トップページ | 外事警察 その男に騙されるな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/55148805

この記事へのトラックバック一覧です: メン・イン・ブラック3:

« 幸せの教室 | トップページ | 外事警察 その男に騙されるな »