« ドライヴ | トップページ | バトルシップ »

2012/04/14

劇場版 SPEC~天~

Specなんで日本の警察アクションは公安ばかりなのだろう、と思っていたら、この映画は『X-MEN』でした。

でもミュータントの面々に魅力が乏しいため、ドラマの盛り上がりはかなり低調。おのずと全編を覆うギャグ、というより悪ふざけのみが印象に残ります。

それはそれでいいとは思うのですが、最後まで悪ノリで突っ走るだけの思い切りのよさがないのが痛い。後半になると、なぜだか始まってしまう感動の独白タイム。
刑事魂を熱く語る老刑事。
敵と対峙したとたん、延々と説教を始めてしまう主人公。
最後は死にゆく相棒への思いを切々と(それも「やっぱり死ななかった」付き)。

この映画は、そもそも観客の情感に訴えるようなものではないと思うのです。
どうして『普通の映画のクライマックス』のようなシーンをいれようと、欲張ってしまったのでしょうか。前半はふざけているなりにスピード感が感じられてよかったのですが、後半はイライラするほどの停滞感。ぶちきれたまま、最後まで徹底して突っ走るだけの覚悟があれば、また違ったのでしょうが、残念です。

まぁ栗山千明はよかったですけれど…唯一の収穫です。

28/100

#424

|

« ドライヴ | トップページ | バトルシップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/54471692

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 SPEC~天~:

» 『劇場版 SPEC~天~』 大人は口にしないこと [映画のブログ]
 1995年3月20日、約6,300人が負傷し13人が死亡する大惨事が起きた。世界中が震撼した地下鉄サリン事件である。  他の事件も併せれば、オウム真理教による死者は30人にも上る。  最近、オウム真理教に関連...... [続きを読む]

受信: 2012/04/19 03:39

« ドライヴ | トップページ | バトルシップ »