« 戦火の馬 | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム »

2012/03/16

ヒューゴの不思議な発明

Hu 描きたいテーマはよくわかるのです。

映画創成期へのノスタルジー。映画を『保存』することの困難さ、大切さ。
そして、人にとっての映画の『役割』とはなんなのか。
そんな内容が、レトロで美しい映像で描かれます。
テーマはとてもよく伝わってきます。

しかしそれら全体をひとつのドラマとして観ると、なんだか上手く機能していないような気がします。
キャラクターなども、それぞれ役割分担がされているのはよくわかります。『笑うところ』も『泣くところ』も、しっかりと伝わります。このあたりはとても手際よく、整理して提示されていたように思います。でも、そのポイントがわかっても気分がついて行かないのです。
それはきっと、キャラクターに『厚み』が足りないからなのかもしれません。
どんな人か。どんな過去があるのか。なにを考えているのか。
ただそれを理解しただけでは、その人と一緒に泣いたり笑ったり、簡単にできるものではないのかもしれません。

観客は映画の中で、初めて出会った登場人物と知り合い、共感し、同情し、時には反感を覚え、少しずつ一緒に笑ったり、一緒に怒ったり、涙を流したり。
現実と同じで、少しずつつき合いを深めていきながら、その人の存在が、自分の中で『大きく』なっていくのではないでしょうか。
テーマに対する気合いの入れ方と比べて、このあたり、とてもおざなりに感じました。

力をいれるところはすごく入れているのに、全体としてみるとなんだかいびつ。
細部は最高なのに、トータルで凡庸。
わたしがマーティン・スコセッシ監督の映画を観て感じることは、なんだかいつも同じです。

19/100

#416

|

« 戦火の馬 | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/54237068

この記事へのトラックバック一覧です: ヒューゴの不思議な発明:

» 『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...... [続きを読む]

受信: 2012/03/25 22:53

« 戦火の馬 | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム »