« シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム | トップページ | マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 »

2012/03/18

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D

Sw1_3 シリーズ6作の中で、唯一、映画館で観ていなかったのがこの映画です。

がっかりしたくなかったゆえに、行けなかったのです。
のちにDVDで観て自分の偏狭さを思い知ることとなったわけですが、やはり新三部作のなかでは、一本の映画としてみると、このエピソード1が一番出来がよいと思います。

それはそうですよね。
新シリーズ立ち上げを一番怖れていたのは、多分ファンではなくてジョージ・ルーカス監督本人だったはずなのです。世界中の批判にさらされる覚悟で、あえて伝説のシリーズを再開するわけですから、並々ならぬ覚悟ですよ。絶対失敗できないのですよ。
渾身の気合いで創り上げた一本なわけです。

初めて映画館で観た『エピソード1』、やっぱり楽しかったです。
でも3Dにした意義はどうでしょうか。真新しさというプラスと、画質の低下というマイナス。たぶんプラスマイナスでマイナスかもしれません。効果的な3Dシーンは、ほとんど無かったような気がします。
仕方ないですね。3Dにすることを想定していない、3Dの無い時代に創られた映画なのですから。

それでも、何度観ても、やっぱり『スター・ウォーズ』は楽しいのです。
そして、それが映画館なら、なおさらなのです。

21/100

|

« シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム | トップページ | マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/54253655

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D:

» STAR WARS エピソードⅠ/ファントム・メナス 3D [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★“プリクエル・トリロジーにはなんとなく違和感を抱いてたけど、ちゃんと観たらスター・ウォーズらしい面白さがあった”自分の中でスター・ウォーズはルーク・スカイウォーカー達が活躍するエピソード4~6(通算1~3作目、オリジナル・トリロジーとも呼ばれる)が絶対的な存在で、その後に制作されたエピソード1~3(プエルクル・トリロジーとも呼ばれる)になんとなく違和感を抱いていたことや、エピソード1~3が公開された頃はあまり映画館に足を運ぶということがなかったので劇場でも、DVDなどでも観たことがなかったの... [続きを読む]

受信: 2012/03/19 08:22

» 映画「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D 」名作のはじまりを再度大スクリーンで [soramove]
「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D 」★★★★☆ リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、 ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、 イアン・マクダーミド出演 ジョージ・ルーカス監督、 136分、2012年3月16日公開 2011,アメリカ,20世紀フォックス (原題:STAR WARS EPISODE1 THE PHANTOM MENACE 3D ) 人気ブ... [続きを読む]

受信: 2012/04/05 14:23

« シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム | トップページ | マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 »