« ALWAYS 三丁目の夕日`64 | トップページ | ペントハウス »

2012/02/04

J・エドガー

Jeこれは、報われることのなかった3つの献身の物語。

母の望むような存在であり続けるために、終生自らの柔らかい部分を殺し続け、その『力』で世界を正しく浄化しようとした男。たくさんの武器や戦士像、彼は『力』の象徴に囲まれるようにしてその生涯を終えた。

唯一無二のパートナーの立場を得ながらも、自らが願う意味でのパートナーとしての位置には、生涯つくことの出来なかった男。それでも彼はそばに寄り添い続け、その最期を看取ることになった。

仕事を理由に求愛を退け、その後数十年に渡って忠実にその職務に尽くした女。自ら望んで『ミス』であり続けたにもかかわらず、『ヘレン』と呼ばれたとき、なぜ心はゆらぐのだろう。パンドラの箱を守る孤独な番人の心の中は、最後まで秘密のままだ。

アメリカの裏歴史を暴くようなものではなく。この映画はあくまでもこの3人の、愛情と孤独の物語だ。もしかしたら観客は、それを物足りないと感じるかもしれない。それでもイーストウッド監督の持ち味を考え合わせれば、この切り口こそが正解なのだと思う。
彼の映画の中心にはいつも、飾り気無く描き出された、自分に正直に生きる人間の姿があるのだから。

8/100

#405

|

« ALWAYS 三丁目の夕日`64 | トップページ | ペントハウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53902149

この記事へのトラックバック一覧です: J・エドガー:

» J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた [労組書記長社労士のブログ]
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...... [続きを読む]

受信: 2012/02/09 12:27

« ALWAYS 三丁目の夕日`64 | トップページ | ペントハウス »