« TIME/タイム | トップページ | ヤング≒アダルト »

2012/02/26

アンダーワールド 覚醒 (IMAX 3D)

Uw4いつの間にか、もう4作目ですね。

いい加減ストーリー忘れていますし、そもそも主演が変わった前作は観てさえいないかもしれません。
でも心配ご無用。何も覚えている必要なんてありません。やってることは相変わらず。吸血鬼と狼男のドンパチ(そう、この映画の妖怪は武装しているのです)だけですから。

そもそも『アンダーワールド』の魅力というのは、ケイト・ベッキンセイルがが演じる女処刑人のカッコよさだけみたいなところがありますので、相変わらずで問題ないわけです。ケイト・ベッキンセイルが主演に復帰してくれた時点で、企画は大成功といえるかもしれません。

ケイトのアクションシーンをひたすら楽しませ、「なんだ、いいところで終わりだな」と思わせる上映時間の短さも好印象。
中身よりも爽快感で勝負。ホラー・アクションですから、それもありでしょう。

15/100

#412

|

« TIME/タイム | トップページ | ヤング≒アダルト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/54083296

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーワールド 覚醒 (IMAX 3D):

» 「アンダーワールド 覚醒」ん?これって何の映画でしたっけ?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アンダーワールド] ブログ村キーワード  ヴァンパイア女処刑人、三度登場!「アンダーワールド 覚醒」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。ケイト・ベッキンセールが、当り役“セリーン”を演じて、またまたスクリーンでスタイリッシュに戦っちゃいます。う~ん、でもこの流れ、どっかのシリーズ物でも見たような気が…。  世紀を超えて戦ってきた、“ヴァンパイア”と“ライカン”。同族の長老達を、復讐のため殺害したヴァンパイアの女処刑人・セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、“混血種... [続きを読む]

受信: 2012/02/28 00:31

» 映画「アンダーワールド 覚醒」敵は最強、味方はわずか! [soramove]
「アンダーワールド 覚醒」★★★☆ ケイト・ベッキンセイル、スティーヴン・レイ、 マイケル・イーリー、テオ・ジェームズ、 インディア・アイズリー、チャールズ・ダンス出演 レン・ワイズマン監督、 88分、2012年2月24日公開 2011,アメリカ,SPE (原題:Underworld 4 AWAKENING ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なの... [続きを読む]

受信: 2012/04/05 10:32

» アンダーワールド 覚醒 : スタイリッシュかつワイルドな作品 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 せっかくの休みですが、雨が降っております。こんな日は、家にこもってDVDでも観まくろうかな。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 アンダーワール [続きを読む]

受信: 2013/04/24 11:10

« TIME/タイム | トップページ | ヤング≒アダルト »