« デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- | トップページ | 永遠の僕たち »

2012/01/24

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

Je『Mr.ビーン』のようなコメディーを期待すると、がっかりするかもしれません。

この映画の80%くらいは、完全にスパイ映画、もっとはっきりいえば『007』だからです。たぶんこのままのシナリオで、主演を『もっともお茶目なジェームズ・ボンド』ロジャー・ムーアが演じたら、違和感なく『007』シリーズの新作が出来上がってしまいそうです。
もちろん、残りの20%くらいはコメディーです。でもその笑いの方向性が、『007』にたくさん存在する『つっこみどころ』を強調するものであるところが、コメディーとしては異色かもしれません。

早い話が、これは『007』ファンムービーです。
「ああだったらいいな、こうだったらいいな」
そんなファンの期待がバカバカしいほどに満たされていく、こんな映画が他にあるでしょうか。
さまざまな『いかにも』な伏線が、期待通りにつながっていく。予定調和のなにがいけないというのでしょうか。

まじめな話し、涙がでてきましたよ。うれしくて。
こういうのが好きだったし、ずっとこうあってほしかった。
今は無き愛するシリーズが、コメディーの姿を借りて甦ったみたいです。
この映画のDVDが発売されたら、『カジノロワイヤル』や『慰めの報酬』のかわりに、『ダイ・アナザー・デイ』の隣にならべてあげたいくらいです。

…というか、『ダイ・アナザー・デイ』のボンドガールのあなた!
出演してくれてありがとうございました。なんだかうれしかったですよ。

5/100

#402

|

« デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- | トップページ | 永遠の僕たち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53814994

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬:

» 映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」観に行ってきました。 「Mr.ビーン」で有名なイギリスのローワン・アトキンソンが主演を担う、スパイアクションコメディシリーズの2作目。 ちなみに前作「ジョニー・イングリッシュ」は未観賞です(^^;;)。 作品の邦題タイトル自体が、イギリスで2008年(日本では... [続きを読む]

受信: 2012/01/28 21:51

» ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 : 笑いとは、文化ですねぇ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 ネット上では、侍ジャパンの山本浩二監督に対するパッシングが盛り上がっているようです。「負けたらたたく。」これも、日本の文化なのでしょうか。これでは、どこかの国の一緒 [続きを読む]

受信: 2013/03/20 09:38

« デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- | トップページ | 永遠の僕たち »