« ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日`64 »

2012/01/24

永遠の僕たち

Res一人だけ生き残ってしまった、自分の運命を呪う少年。若くして、この世を去りつつある少女。そして神風特攻隊員。

そんな奇妙な三者が織りなす物語は、ヒューマン・ドラマやラヴ・ロマンスとして観ると奇妙すぎるかもしれない。

ここで描かれる少年と少女の言動は、大人たちの感情移入を拒否するものだ。斜に構えて、安易な同情を拒絶する。思わず涙するような感動的なシーンが、ただの二人の『お芝居』だったりする。みんなああだったはずなのに、大人になるとすっかり忘れて、そんな態度が不愉快になるかもしれない。

だから映画としてみると、この映画の流れはあまりスムースではない。それは気持ちよく『乗せて』もらえないからだろう。それがこの映画の特徴であり、欠点でもある。
そしてそんなこの映画にとっての貴重な潤滑油が、加瀬亮演じる特攻隊員なのだ。

三者三様。それぞれが見つめるもの。
どれも正解ではないし、どれもが正解だ。
人の数だけ、それは異なる姿を見せるのかもしれない。

6/100

#403

|

« ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日`64 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53815176

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の僕たち:

» 永遠の僕たち [風に吹かれて]
two of usthree of us か?公式サイト http://www.eien-bokutachi.jp舞台劇“Of Winter and Water Birds”の映画化監督: ガス・ヴァ [続きを読む]

受信: 2012/01/25 11:02

» [映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としている...... [続きを読む]

受信: 2012/02/09 00:36

» 映画:永遠の僕たち [よしなしごと]
 まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 [続きを読む]

受信: 2012/02/21 08:05

» 永遠の僕たち [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★“リア充爆発しろとか思うことすら忘れるくらいの眩しい恋です”余命わずかな女の子との恋物語は日本のドラマなどでもわりとよくある話のように思います。 この映画の面白いところは、人の死に惹かれてしまったという主人公と、その友人のヒロシの存在だと思います。 赤の他人の葬儀に参列するなんて常識では考えられない不謹慎な奇行ですよね。 イーノックの両親が死んだ事故の際、一緒に車に乗っていた彼は昏睡状態となり、臨死体験をします。そんな中で両親の葬儀が執り行われ、言ってみればイーノックが知らないうちに両親が墓... [続きを読む]

受信: 2012/03/12 13:33

« ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日`64 »