« サラの鍵 | トップページ | デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- »

2012/01/15

マイウェイ 12,000キロの真実

Mw戦争映画であるけれども、その戦闘シーンは高揚感とは無縁だ。

削岩機のように、ひたすら人間を粉砕するだけのその戦場のありさまは、ただただ陰鬱で愚かしい。その当事者の片方が日本軍であるだけに、私たち日本人にはなおさらだ。様々な民族の様々な愚行をひたすら鑑賞していくのがこの映画です。

中国大陸で人々を虐げていた日本人が、次はソビエトに虐げられる側に回る。ナチスはソビエトの血を流し、ナチスはノルマンディーで海を赤く染める。
流転するこの物語は信念を持って生きることの大切さと難しさ、そして信念を踏みにじって人を支配しようとすることの恐ろしさを伝えてくる。

『プライベート・ライアン』を大いにお手本・目標にしたところはあるけれど、ここまで近づけているところに韓国映画の凄さを実感しました。これはパクリや二番煎じという次元ではないと思います。美しく壮絶なその映像美。日本映画がこのレベルに到達するのは、まだまだ先のことでしょうか。
『狂』のオダギリジョーと『静』のチャン・ドンゴンも実に好演。どんなにつらいときでも、ひたすら走り続けるチャン・ドンゴンの姿が胸を打ちます。
ただ好きなだけ走っていられるような世の中が、なぜ彼らに訪れなかったのでしょうか。

いつの世の中も、きっと不安はなくなりません。
でも、少なくても今は、自由と安全があります。
現在の自分たちが恵まれていることが、とてもよくわかる映画です。

3/100

#400

|

« サラの鍵 | トップページ | デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53742837

この記事へのトラックバック一覧です: マイウェイ 12,000キロの真実:

» マイウェイ 12,000キロの真実 [映画とライトノベルの日常自販機]
★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による朝鮮人差別がエスカレートしていきます。選考会でのジュンシクへの妨害が仕組まれていたらしいことや、日本軍では何かにつけて朝鮮人に因縁をつけ体罰を与える野田の態度など、観ていて本当に嫌になりますね。そんな憎たらしい野田を山本太郎はうまく演じていたと思います。 また、辰雄は皇軍の兵士として死ねることを名誉と思... [続きを読む]

受信: 2012/01/17 09:10

» マイウェイ 12,000キロの真実 [風に吹かれて]
恩讐の彼方に公式サイト http://myway-movie.com監督: カン・ジェギュ  「シュリ」 「ブラザーフッド」1928年、日本占領下の京城(現ソウル)。憲兵隊司令官を祖父(夏八木勲)に持 [続きを読む]

受信: 2012/01/25 11:01

» 『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと [映画のブログ]
 素晴らしい!  そう素直に感嘆した。  人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに...... [続きを読む]

受信: 2012/02/18 21:48

» マイウェイ 12, 000キロの真実 本年度ワースト1決定かな? [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、2011ベスト10をお休みして、正月から劇場で観た映画を紹介したいと思います。先ずは、昨日観た「マイウェイ 12, 000キロの真実」を紹介します。 【題名】 マイウェイ 12, 000 [続きを読む]

受信: 2012/08/12 11:03

« サラの鍵 | トップページ | デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- »