« コンテイジョン (IMAX) | トップページ | アントキノイノチ »

2011/12/08

指輪をはめたい

RingThree Of A Perfect Pair

「優柔不断なモラトリアム青年が、さまざまな相手との恋愛を通して成長する」

かなり『モテキ』とかぶるような設定の映画です。
ところがこの映画の方がもう少し深い。思い出せない自分の過去からにじみ出す不吉な予感。そして単なる『成長』のもう一つ先まで、話しは踏み込む。

「いずれは消えてしまう痛みなのだから、今はそれを味わおう」

誰もが痛みを感じながら生きている。そして痛みを感じながら生きている人ならば、この映画が提示する重みが理解できるのではないだろうか。

ところが驚くべき事に、この映画の原作小説にはこの『重み』部分がまったく存在していない。描かれているのはせいぜいが『成長』止まり。登場人物の設定も全く異なり、かつ、登場人物に魅力がない。あの魅力的な三人の婚約者候補の姿も、痛みの描写も、全てが映画のオリジナルだったのです。

なんという素晴らしい脚色力でしょうか。というか、ほとんどオリジナル脚本です。
面白い小説が平凡な映画になってしまうことはよくありますが、平凡な小説が面白い映画になることは非常にまれです。それはそうでしょう。普通はわざわざ平凡な小説を映画にしようとは思わないからです。どうせ映画にするなら面白い小説を選ぶのが当然です。

どうしてその優れた脚色力を発揮して、この小説を救ってあげる気になったのか。
何だか気になります。
(まぁ救われたというよりも、もし私が原作者でこの映画を観たら、きっと落ち込みますね…)

106/100

#386

|

« コンテイジョン (IMAX) | トップページ | アントキノイノチ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53436589

この記事へのトラックバック一覧です: 指輪をはめたい:

» 指輪をはめたい : 切なくも希望が持てるオチがGood [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 サンフレッチェ広島は、浦和に負けちゃいました。今日の試合勝てば、優勝間違いなしと思っていましたが、まだまだもつれそうですね。では、本日紹介する作品は、こちらの一本で [続きを読む]

受信: 2012/11/17 19:13

« コンテイジョン (IMAX) | トップページ | アントキノイノチ »