« 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- | トップページ | ワイルド7 »

2011/12/28

映画「けいおん!」

Kon Time Is Going

彼女たちは、すごく恵まれています。
成績も悪くないようですし、部活も楽しい。親友はいるし、クラスの他のメンバーもよい子ばかり。先生も物わかりがいいし、両親も優しい。
何不自由なく、何の悩みもなく。本当に幸せな毎日です。

それでもこの映画を観ていると感じます。聡明な彼女たちは、すでに気づいていることを。
どんなに幸せな時であっても、それは絶対に止まらない。そして形あるものは、やがて崩れていく。

それでも変わらないものもある。それは彼女たちの愛するロックだ。
たとえいつか仲間と離れてひとりぼっちになっても。もし望むなら、ロックはいつも、ともにある。

ふにゃふにゃしたしゃべり方や、漫才すれすれのやり取りに目を奪われがちだけれども、生涯あの頃にしかない切なさが、しっかり映画の中に切り取られている。

116/100

#396

|

« 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- | トップページ | ワイルド7 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53589832

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「けいおん!」:

» 映画 けいおん! [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★“先輩と後輩の愛情に思わず涙”原作は4コマ漫画であることからか、テレビでも一貫したストーリーがあるわけではないのに、映画とは一体どんな展開になるのかと不安でもあり興味のあるところでした。 いろいろご都合主義的なところもありますが、唯たちの卒業にスポットをあてたストーリーは先輩と後輩の愛情をテーマにうまく組み立てられているなと感じました。 テレビでお馴染みのとぼけたキャラクターの唯、照れ屋でトラウマを抱えやすい澪、元気いっぱいにおふざけに走る律、お嬢様なのにどこか天然な紬、そして生真面目な梓... [続きを読む]

受信: 2012/03/12 12:19

« 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- | トップページ | ワイルド7 »