« ニューイヤーズ・イブ | トップページ | 映画「けいおん!」 »

2011/12/27

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

56 Open Your Eyes

日本人は「戦闘に強く戦争に弱い」といわれるけれども、この映画で描かれていることも全く同じだ。戦争に勝てない理由は簡単だ。それは『戦略』がないからだ。『戦略』は『理』に基づいたものであり、それは『科学』である。費用と効果。何を差し出して、何を得るのか。それは計算であり、数字は時に非情である。

『職業軍人』という言葉がある。職業ということはプロフェッショナルということだ。プロフェッショナルは計算をする。どんな状況でも最適な結果を導くために、最善の一手を打つのがプロフェッショナルだ。この映画を観るとよくわかる。日本軍には、ほとんど職業軍人などいなかったのだ。

義理人情を重んじ、和を尊び、恥を嫌う。それは日本人の美徳であることは確かだ。だけれども、本来冷静に計算するべき所を『美徳』に逃げ込んでしまう。シビアな結論を避け、あいまいな感情論でごまかしてしまう。近代化は科学の力によるものだ。物質的な近代化はできても、精神的な近代化はまだまだ日本には遠いのかもしれない。

伝記としても戦記としても、この映画は微妙に中途半端な感もある。でもその言いたいことはよく伝わってくる。この映画が示す日本の滅びの道筋はとても説得力がある。それはいまの自分たちが乗っているレールだからだろうか。

CGというとSFやアクションばかりに目が行くけれども、実は歴史物にも効果は抜群だ。長門・赤城・大和・零戦。その美しいCGはどこかもの悲しい。役所広司の役者魂が大爆発。ヒットしているのがうなずける、見応えのある一本です。

115/100

#395

|

« ニューイヤーズ・イブ | トップページ | 映画「けいおん!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53585078

この記事へのトラックバック一覧です: 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-:

» [映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』を観た)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を観た。  これまた、作品としては、非常に抑制の効いた良作であった。  手触りとして、スティーブン・ソダーバーグ監督の諸作品みたいな、ドラマチック性を排除した作りだ。  日本の戦争映画は、妙に激...... [続きを読む]

受信: 2011/12/28 00:09

» 映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」観に行ってきました。日独伊三国同盟の締結および大東亜戦争(アメリカ命名:太平洋戦争)の開戦に反対しながら... [続きを読む]

受信: 2011/12/29 09:30

» 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 映画を観る2つのポイント [映画のブログ]
 「その根拠を示していただきたい。」  『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の中で、山本五十六は何度も人々に問いかける。  映画は140分のあいだ山本五十六を追い続け、その功罪を含めて彼がしたこと、云...... [続きを読む]

受信: 2011/12/29 18:25

» 聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― ちと軽めかな・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=1 -0-】 2012年一本目の映画、「最後まで日米開戦に反対し続けた連合艦隊司令長官、山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマ」だというふれ込みだけど、でも自分の山本五十六像とはどうも違う、その違いを確認しておきたかった。  昭和14年の夏。2年前に始まった支...... [続きを読む]

受信: 2012/01/16 10:32

» 聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― 題名長ーい! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 次は、私の地元広島県でも撮影があったことをローカルニュースで放送していた作品です。 【題名】 聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― 【鑑賞手段】 映 [続きを読む]

受信: 2012/08/08 14:12

« ニューイヤーズ・イブ | トップページ | 映画「けいおん!」 »