« 一命 | トップページ | カウボーイ&エイリアン (IMAX) »

2011/10/28

ミッション:8ミニッツ

8min_2Maybe Next Time

『このラスト、映画通ほどダマされる』

なんだか、イヤな感じのコピーです(笑)。
たくさん映画を観ている人を『映画通』というならば、映画通はこの映画の予告編と、この挑戦的なコピーを見て、3つや4つくらいのストーリーを思い浮かべるかもしれません。
映画を観ながら、その中のどのパターンなのか。一回ひねるのか、もう一回ひねるのか。頭をフル回転させながら、あれこれ妄想してしまうかもしれません。

ダマされたのかどうかでいえば、ダマされた人は少なかったのではないでしょうか。きっと思い描いたパターンのうちの、一番素直なタイプだったのではないでしょうか。『パラレルワールド』という概念さえ納得できるならば、たぶん困惑するような複雑な映画ではなかったと思います。

それでも個人的には、大きな驚きがありました。
まさかこの手の映画で、こんな感動的な展開になるとは思いもしなかったからです。
決められたソースコードから逸脱することはできず。
時間はたったの8分間。
それでも最期の時まで、『生き生き』と過ごすこと、過ごそうとすることの大切さ。
劇中、繰り返し容疑者として疑いの目で見てきた乗客たちの、『最後』に見せる笑顔の素晴らしさ。
だからこそ、次の一秒が刻まれたときの、まるで世界が明るくなるような暖かい感覚。

数多くの映画を観ると、どうしても無意識のうちに、その映画が与えてくれる感動や驚きのタイプを『予想』してしまいます。映画を観て人並みに感動したり驚いたりするわけですが、大枠のところで予想通りであることが少なくはないと思います。

そう考えると、この映画。
ダマされはしませんでしたが、あんなところで泣かされるとは大きな驚きでした。
そして驚かされたということは、結局は『ダマされた』ということなのかもしれません。

96/100

#376

|

« 一命 | トップページ | カウボーイ&エイリアン (IMAX) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/53105933

この記事へのトラックバック一覧です: ミッション:8ミニッツ:

» 映画「ミッション:8ミニッツ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ミッション:8ミニッツ」観に行ってきました。 シカゴユニオン駅行の列車で発生した爆破テロ事件の犯人を、犠牲者が死亡する8分前の意識に潜り込んで探し出すSFサスペンス。 ストーリーは、主人公コルター・スティーヴンスがシカゴユニオン駅行きの列車の中で目覚めるところから始まります。 向かいの席には女... [続きを読む]

受信: 2011/10/31 01:40

» ミッション:8ミニッツ 脳味噌フル回転!楽しかった! [労組書記長社労士のブログ]
【=57 -9-】 昨日は宝塚市で単組の11秋季年末闘争方針の職場討議→神戸市北区の鈴蘭台でとある労組の大会で来賓挨拶→池田市で再び単組の職場討議、それぞれ挨拶(スピーチ)が主な仕事、だからほぼ移動だけで終わった一日だった。 とにかく電車での移動では、鈴蘭台では...... [続きを読む]

受信: 2011/11/03 08:45

» 『ミッション:8ミニッツ』 選ぶのは誰か? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】 (2011/11/3 改稿し再公開)  公式サイトによれば、ダンカン・ジョーンズ監督は『ミッション:8ミニッツ』の内容に関する科学的データを徹底的に調べ上げたいという強い好奇心に駆られ...... [続きを読む]

受信: 2011/11/05 02:23

» 映画:ミッション:8ミニッツ [よしなしごと]
 「映画通ほど騙される」というキャッチフレーズ。映画通の方はみんな「どこが?」って感じで、映画通ほどこのキャッチフレーズに騙されてしまったようですね。と言うわけでミッション:8ミニッツ。... [続きを読む]

受信: 2011/12/28 17:33

« 一命 | トップページ | カウボーイ&エイリアン (IMAX) »