« 探偵はBARにいる | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »

2011/09/19

サンクタム

Stm Down Under

しつこいほどに繰り返される、終盤怒濤のアクションシーン。
その危機また危機をかいくぐる、おなじみの『強い女』。
ジェームズ・キャメロン製作総指揮を全面に出されると、そんなものを期待してしまいませんか。
思いもよらない怪物や、見たこともないような宇宙人が、洞窟の最深奥部にいるんじゃないかと思いませんか。
実はとんでもない陰謀を胸に秘めて、何食わぬ顔でパーティーに同行しているメンバーがいるんじゃないかと勘ぐったりしませんか。

ないんです、なんにも。
主役かと思った『強い女』も、あっという間にご臨終。
淡々と事故死が続きます。
一人一人消えていき、最後の一人がなんとか生還。
その合間に、父と子の確執と和解の人間ドラマが織り込まれていますが、感動に涙するというほどのものでもありません。

別につまらないというわけじゃないんですが、印象に残る部分が全然ないのです。
あるとすれば「3Dって、見通しの悪さや圧迫感の表現にも使えるんだなぁ」ということくらい。
なんだか寂しい映画でした…

83/100

#363

|

« 探偵はBARにいる | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/52776767

この記事へのトラックバック一覧です: サンクタム:

» サンクタム とにかく空気を〜! [労組書記長社労士のブログ]
 うちの労組の第13代書記長がお亡くなりになり昨日お葬式に行ってきたが、現役の社員は俺以外に2人、自分は面識がないのだけど労組代表で参列、会社関係者の参列はすでに定年退職されている大先輩ばっかだった。(ちなみに自分は第19代書記長だった) 右肩上がりの時代の...... [続きを読む]

受信: 2011/09/29 11:09

» 映画:サンクタム [よしなしごと]
 今年80本目の映画記事はジェームズ・キャメロン製作総指揮のサンクタムです。  そこそこおもしろかったピラニア3Dを「これは3Dにすべきでない映画の見本」と激怒したジェームズ・キャメロン。じゃあ、どんな作品を作るんだ?!と期待しちゃいますが…。... [続きを読む]

受信: 2011/11/13 00:22

» 映画『サンクタム』を観て [kintyres Diary 新館]
11-62.サンクタム3D■原題:Sanctum■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:109分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:9月29日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:300円(3D)□監督:アリスター・グリアソン□脚本・製作:アンドリュー・ワイト□脚本:ジ...... [続きを読む]

受信: 2011/11/26 18:25

« 探偵はBARにいる | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »