« ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター | トップページ | 探偵はBARにいる »

2011/09/13

モールス

LmiYYZ

『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイクです。
両方観ると、かなり忠実なリメイクぶりがうかがえます。

良くなった点。
『エリ』のあか抜けないところ、例えばサスペンスやホラー描写のぎこちなさ、安っぽさがなくなり、すっきりと映画としての平均点が上がっていることでしょう。さりげなく派手なシーンもはさみこんで、さすがはハリウッドです。

しかし、失ったものもありそうです。
少年と少女の交流。少しずつ受け入れあっていくその様子の説得力。
二人の『絆』の強さと儚さ。
それはとても感覚的なものですが、『エリ』のほうが勝っていたと思います。
それは俳優が感じさせる雰囲気なのか、演技の差なのか。ちょっとしたセリフ回しの違いなのか。それともスウェーデンの冷たい空気のせいなのか。
同じように創っても、どこか違ってしまうというのは、映画の不思議なところです。

『モールス』でハッとさせられたシーンといえば、少女の部屋で少年が少女と『父』の昔の写真を見てしまうところです。
セリフは一切ないシーンなのですが、少年がこれからの自分の行く末、その闇を見つめて戦慄するさまがおそろしく、それゆえラストシーンがさらに重いものになっていたと思います。

どちらを『取る』かは難しいです。
ただ、難がある一方で輝くところのあった『エリ』のほうが、観ていて楽しかったかもしれません。

81/100

#361

|

« ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター | トップページ | 探偵はBARにいる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/52722761

この記事へのトラックバック一覧です: モールス:

» モールス : 危険な純愛映画 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートのご回答ありがとうございます。今までのアンケートの中でも、回答いただくペースが一番早いものになっております。それだけ、日 [続きを読む]

受信: 2012/09/06 20:27

« ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター | トップページ | 探偵はBARにいる »