« シャンハイ | トップページ | スプライス »

2011/08/24

ぼくのエリ 200歳の少女

EriMiss Mistreated

スウェーデンの映画です。
たまにこうしてハリウッド以外の映画を観ると、ハリウッド映画がいかに整合性高く創られているかがわかります。

孤独なマイノリティ同士の、そしてたぶん人が無垢でいられる最後の時期である12歳同士の。そんな彼らが出会って理解しあって、それぞれが、たとえ相容れない存在であっても世界一大切な存在になっていく様子を描くドラマ。
それと、ホラー映画ならではのショッキングな、ある意味チープな残酷描写。

正直、ホラー描写が足を引っ張っている感じもある。ホラーの割りにはサスペンス感も薄いです。ドラマとしてもホラーとしても、商品として売りにくいバランスの悪さがあります。
それでも、触れたら壊れてしまいそうな、彼らの交流は感動的で心を打つ。それが、ハッピーエンドを望めない関係であるからなおさらです。

過去も語られないし、未来も中途半端かもしれない。多くを観客の想像力にゆだねている。不親切といえば不親切だし、人によってはわけがわからないというかもしれない。
でも、それもいいじゃないですか。想像力は映画を何倍も楽しくするのだから。
サービス満点なのもうれしいけれど、放っておかれるのも、色々考えてワクワクしませんか。
嘘っぽい希望でもなく、リアルな破滅でもなく、ちょっとだけ破滅を先送りしたエンディングだって、作り手としての、二人への精一杯の思いやりのように感じませんか。

『モールス』
ハリウッドのリメイク版が、どんな風にシェイプアップして、何を得て、何を失うのか。
なんだか楽しみです。

#352

|

« シャンハイ | トップページ | スプライス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/52559477

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのエリ 200歳の少女:

» ■映画『ぼくのエリ 200歳の少女』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。 いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアスなヴァンパイア少女の切なくも美しい恋…というような表現は、この作品と... [続きを読む]

受信: 2011/09/24 02:30

« シャンハイ | トップページ | スプライス »