« ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える | トップページ | マイティ・ソー »

2011/07/10

小川の辺

Livin' On The EdgeOgawa

『武士道』は、現代でも日本人の美徳のようにとらえられています。
でも私は『武士道』が嫌いです。

清廉で礼儀正しいのはよいでしょう。
しかし、たとえ愚かな『主』であってもそれに殉じる愚直さ。体面のためなら道理をも曲げてしまう卑劣さ。
そんな愚かで醜いところも『武士道』の本質なのだと思うのです。

でも、そんな『武士道』を生きているからといって、全ての武士が愚かで醜いわけではありません。
私達と同じ当たり前の感情を持った武士達が、『武士道』という不条理の中で感情を抑え、感情を殺し、そして最後に感情を爆発させて、踏み外して、破滅する。

そんな『武士道』を生きられなかった武士を描く、藤沢周平の小説が好きです。

63/100

#341

|

« ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える | トップページ | マイティ・ソー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/52171537

この記事へのトラックバック一覧です: 小川の辺:

« ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える | トップページ | マイティ・ソー »