« アイ・アム・ナンバー4 | トップページ | 大鹿村騒動記 »

2011/07/24

ちんぷんかん/畠中 恵

Cpk「でもなあ、大丈夫なんだよ、若だんな」
諸事、何とかなってゆくものだ

楽しくて、にぎやかで、やさしい。
でも『しゃばけ』シリーズは、それだけでは終わらない。

過ぎ去っていくものと、残されるもの。
哀しみと、あせりと、いらだちと、あきらめと。
若だんなの心をいっぱいにして、なんとか口にしようとして。
そして、最後まで言葉にできなかったもの。

そんな言葉にできないものを、それでも言葉を使って、この作品は伝えてくる。

やさしさの向こう側に透けて見えるいろいろなことを、乗り越えて、やり過ごして、さらにその向こうにある。ほんとうのやさしさ。ほんとうの美しさ。
この作品で描かれるものは、誰の人生にも見いだせるもの。

春は過ぎて、そしてまた春がくる。

|

« アイ・アム・ナンバー4 | トップページ | 大鹿村騒動記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/52293137

この記事へのトラックバック一覧です: ちんぷんかん/畠中 恵:

« アイ・アム・ナンバー4 | トップページ | 大鹿村騒動記 »