« さや侍 | トップページ | あぜ道のダンディ »

2011/06/25

SUPER8/スーパーエイト

S8Love Of My Life

『未知との遭遇』から『E.T.』。
この映画は、どう考えても完全にこの流れの直系です。
「スピルバーグが監督だよ」と言われたら、たぶん信じてしまうでしょう。
プロデューサーがたくさん口を出したのでしょうか。それとも監督が、プロデューサーのように撮ってみたのでしょうか。

でも、それはもう、どっちでもいいのです。
スピルバーグも、もう63歳です。自分で監督をするとなると、2年に1本。あと何本撮れるでしょうか。そうでなくても、体力も気力も集中力も、衰えてきていることでしょう。
だから、働き盛りの腕のいい監督の力を借りて、こうして自分の気に入った企画を実現していく。ベイやエイブラムスのファンの人には失礼かも知れないけれど、こうして『スピルバーグ印』の映画を増産していくというやり方は、合理的な方法なのかもしれません。

6月に『SUPER8』を見て、7月に『トランスフォーマー』の新作を観る。スピルバーグが自分で撮っていたら、不可能なスケジュールです。
そして、単なる粗製濫造の増産ではないことは、この『SUPER8』が証明しています。
『未知との遭遇』にも『E.T.』にも引けを取らない。絶品です。

映画のような大衆文化は、その時代の世相を映していくものでしょう。
だから、悪意に満ちた現代においては、この映画は甘すぎるかもしれません。その『善意』が、鼻につくかもしれません。
でも、いいじゃないですか、映画の中くらい。
子どもの頃、こういう映画を観て、映画を好きになりました。そして今、その映画を観る楽しみが、なんとか毎日を過ごしていくための『糧』になっています。楽しいことばかりではない人生の中で、たくさんの、ちょっとした楽しさを、映画は与え続けてくれています。

ちょっと大人びたアリスへの憧れ。
うとましい存在だけれど、いつも自分を心配してくれる親への愛情。
たまにはケンカもするけれど、いつも一緒に過ごす友達との友情。
そして、ただただ故郷へ帰りたい、異星人への共感。
そんなたくさんのありふれた、でも愛すべき気持ちがいっぱいのこの映画。
もう、なにもいうことはない素晴らしさです。ただ観て、笑って、ハラハラして、ちょっと涙すればいいのです。

残された時間はどれくらいあるかわからないけれど、もっともっと、あなたが面白いと思った企画を、一本でも多く届けてもらえたら幸せです。

59/100

#337

|

« さや侍 | トップページ | あぜ道のダンディ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/52042777

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER8/スーパーエイト:

» 『SUPER 8/スーパーエイト』 その意味するものは? [映画のブログ]
 1966年生まれのJ・J・エイブラムスにとって、1977年公開の『未知との遭遇』や1980年の『未知との遭遇 特別編』、そして1982年の『E.T.』を観ることは、胸躍る体験だったろう。  そんな彼が、それらの作品...... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 02:28

» SUPER8 「ソ連のせいだ!」(笑) [労組書記長社労士のブログ]
 このブログ、労組書記長でもないし、社会保険労務士でもないし、というような状況に最近なっているのを「困ったなあ、修正しなくちゃ」と思いつつ今年も後半戦に突入、もうしばらく映画と波乗りだけのブログになりそうです。 昨夜、飲みに行ったお店のおねえちゃんが「...... [続きを読む]

受信: 2011/07/01 09:57

» 映画:SUPER8/スーパーエイト [よしなしごと]
 しばらく単館系が続いたので、久々のメジャー級の作品です。SUPER8/スーパーエイトを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011/08/16 00:22

» SUPER8/スーパーエイト [映画、言いたい放題!]
いろいろなレビューを読んだら評判が悪い。 でも友人が観たら結構良かったそうで。 やっぱり観てみないとね。 1979年の夏。 アメリカ・オハイオ州の小さな町で保安官の父と暮らす14歳の少年ジョーは、 夜中に家を抜け出し、 他の仲間と共に、主演女優でもあるアリスが無免... [続きを読む]

受信: 2011/08/25 23:13

» SUPER 8 スーパーエイト : スピルバーグ風な [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 広島カープは、全く勝てなくなりました。これで、監督やコーチの責任問題は浮上しないのでしょうか。ファンは、みんな怒ってますよ、野村さん&オーナー。本日紹介する作品は、 [続きを読む]

受信: 2012/09/23 19:08

« さや侍 | トップページ | あぜ道のダンディ »