« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | パラダイス・キス »

2011/06/05

マイ・バック・ページ

MbpDreamer Deceiver

それがリアルなのかどうか、時代考証が確かなのかどうかはわからない。でもこの映画が創り上げた世界は見事だ。いまよりもっとゆっくりしていて、激しくて、蒸し暑い。そんな空気に包まれるのが心地よいとさえ感じる。

あるべき自分という幻想。失って初めてわかる、かけがえのない『本物』。
当時の異様な空気の中での物語ではあるけれど、その本質は今でも変わっていない。
今と大きく違うのは、当時はその幻想が集団幻想だったことかもしれない。
これだけ細分化し断片化した現在においては、もはや大勢が同じ夢を見ることもないのだろう。

ファナティックで小心で、野心的で卑怯者。そんな過激派を『カメレオン』松山ケンイチが怪演。
妻夫木聡はこういう平凡で正直な男を演じると『いい』です。

#51/100

#329

|

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | パラダイス・キス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51861711

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・バック・ページ:

» 映画「マイ・バック・ページ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。 学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と松山ケンイチ主演の作品です。 この映画は、1971年8月21日の夜に実際に起こった「朝霞自衛官殺害事件」を元に作られています。 「... [続きを読む]

受信: 2011/06/06 01:23

» 『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...... [続きを読む]

受信: 2011/06/07 01:28

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | パラダイス・キス »