« ミスター・ノーバディ | トップページ | 八日目の蝉 »

2011/05/04

キッズ・オールライト

Kar Going For The One

ママが二人でパパはなし。
そんな複雑だけれどもなんとか安定している家族が、生物学上パパの登場により不安定になる。

同性愛を取扱いながらも、それに関する主張や問題提起などはなく、あくまでも普通のホームドラマのように物語は進む。
家族が乗り越えていく困難も、実は普通の家族となんら変わるところはなかったりします。

それを物足りないと取るかどうかですが、あまり深刻にならず前向きに困難を乗り越えていく家族の姿を、ほのぼのと楽しめばよい映画でしょう。

ママを演じる二人のベテランもよいですが、やっぱり子どもたちがよいです。
みんなよい子どもたちなんですよね。その明るさ、前向きさが印象に残ります。

40/100

#318

|

« ミスター・ノーバディ | トップページ | 八日目の蝉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51574458

この記事へのトラックバック一覧です: キッズ・オールライト:

» 『キッズ・オールライト』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
この5人の登場人物が一つのテーブルで食事をするシーンは笑いを誘う、実に奇妙な光景だ。ポールは遅れてきた真の家族か、排除されるべき侵入者なのか…? こんな家庭が将来あなたのご近所さんになるかもしれない。新しい形の家族の普遍的な悩みを描く、お薦め作品だ。... [続きを読む]

受信: 2011/05/06 21:10

» 映画「キッズ・オールライト」新しい形の家族のホームドラマ [soramove]
「キッズ・オールライト」★★★☆ アネット・ベニング 、ジュリアン・ムーア、 マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、 ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ・ダコスタ出演 リサ・チョロデンコ監督、 107分、2011年4月29公開 2010,アメリカ,ショウゲート (原作:原題:THE KIDS ARE ALL RIGHT)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 主演のアネット・ベニン... [続きを読む]

受信: 2011/05/14 21:25

« ミスター・ノーバディ | トップページ | 八日目の蝉 »