« 岳 -ガク- | トップページ | 少女たちの羅針盤 »

2011/05/11

ブラック・スワン

BsWaiting For Darkness

アカデミー賞を始め、多くの映画賞で受賞・ノミネート。
可憐なナタリー・ポートマンが演じるバレリーナの物語。
…という芸術的イメージからは、予告編を観てもおわかりかと思いますが、実はかなり遠いところにある映画です。

心理サスペンス?ダーク・ファンタジー?いやいや、技法的にはもうホラーでしょうか。
さまざまなストレスにさらされ、抑圧された主人公の身に起こった異様な物語。
始めはまるで目の錯覚のように。
今、見ているものはなに?
やがてそれが世界を覆い尽くす。
ストレスが蓄積され、どんどん歯車が狂っていく。

さりげないノイズや環境音、さまざまな映像ギミック。常に観客にもストレスを与え続ける演出も利いている。
まるで、まだオカルト映画と呼ばれていた頃の『上品な恐怖映画』が舞い戻ってきたようです。

44/100

#322

|

« 岳 -ガク- | トップページ | 少女たちの羅針盤 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51645466

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・スワン:

» 『ブラック・スワン』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…... [続きを読む]

受信: 2011/05/15 01:56

» 『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...... [続きを読む]

受信: 2011/05/15 14:37

» ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ [労組書記長社労士のブログ]
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...... [続きを読む]

受信: 2011/06/29 14:56

» 映画:ブラック・スワン [よしなしごと]
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。... [続きを読む]

受信: 2011/07/04 04:13

» ブラック・スワン : 芸術って、怖いのね [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は、蒸し暑かったですよ。これから、本格的に梅雨に入りそうだし、しばらくは不快指数高くなりそうですね。ちなみに、本日紹介する作品は、今頃観てるのかよと突っ込 [続きを読む]

受信: 2013/06/10 17:27

« 岳 -ガク- | トップページ | 少女たちの羅針盤 »