« ジュリエットからの手紙 | トップページ | プリンセス トヨトミ »

2011/05/29

アジャストメント

AWaiting For A Girl Like You

たくさんの作品が映画化されている、フィリップ・K・ディック。1954年の短編『調整班』が本作の原作となっています。
原作は未読ですが、この映画の根底に流れているのは、まさしくちょっと懐かしい20世紀SF小説のムードではないでしょうか。

冷戦下、世界中を何度も焼き尽くすだけの核兵器を作り出した人類。
「ほっておいたら滅びちゃう」
だからこの映画の『彼ら』は悪者ではないのです。愚かだけれども愛すべき人類をなんとかしたい。そんな高みからの愛があるのです。

そして決して理性的ではなく、その感情に流されてしまうけれども、それもまた人にとって大切なものであり、人を人たらしめているものである。『彼ら』もそれは十分承知。というよりも、自らにない人類のそんな面に憧れ、ついつい甘やかしてしまうのです。

感情に忠実に生きるひたむきな主人公を『人柄俳優』マット・デイモンが好演。
やっぱりこういう役が似合います。

48/100

#326

|

« ジュリエットからの手紙 | トップページ | プリンセス トヨトミ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51798092

この記事へのトラックバック一覧です: アジャストメント:

» 『アジャストメント』 マット・デイモンの功罪 [映画のブログ]
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...... [続きを読む]

受信: 2011/05/31 01:16

» 映画:アジャストメント [よしなしごと]
 SF映画だと思って観に行ったら肩すかし食らうよ。恋愛映画だと思って観に行ってと何度も念を押された作品、アジャストメントを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011/07/18 08:58

« ジュリエットからの手紙 | トップページ | プリンセス トヨトミ »