« アンノウン | トップページ | ブラック・スワン »

2011/05/10

岳 -ガク-

GkOver The Mountain

全てを癒し、全てを含み、
全てを寄せ付けず、全てを超越する。
そんな三歩は、『神』である。

そしてそんな三歩が明らかにする世界。
人はモノであり、命はちょっとした手違いで失われる。
それを受け入れられず、反発し、怖れ、みっともなくあがく久美。
残念だけれども、そんな久美が表現するものこそが私たち『人間』の姿だ。

『神』と『人間』の対話、それこそが本作の物語である。

「よくがんばった」
『神』はいう。
でも、がんばってもどうにもならないじゃないか。
がんばって進んでも、なにも変わらないじゃないか。
がんばっても、結局はどうにもならないじゃないか。

それでも『神』は執拗に繰り返す。
「よくがんばった」
なぜなら、それしか『人間』に出来ることがないから。
それしか出来ることがないなら、そうするしかないのだ。

だから『神』は進んだ結果ではなく、進みことこそを、祝福する。

43/100

#321

|

« アンノウン | トップページ | ブラック・スワン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51635658

この記事へのトラックバック一覧です: 岳 -ガク-:

» 映画:岳 -ガク- [よしなしごと]
 最近暑いよね~。この映画見たら少しは涼しくなるかなぁ。と言うわけで今回の記事は岳 -ガク-です。 [続きを読む]

受信: 2011/06/25 01:27

« アンノウン | トップページ | ブラック・スワン »