« エンジェル・ウォーズ (IMAX) | トップページ | ガリバー旅行記 »

2011/04/17

JAZZ爺MEN

Jz_3 Empty Lie , Empty Dream

タイトルからわかるように、これはジャズバンド、アマチュアの市民バンドをテーマとした映画です。
このような、人々の何らかの特定の活動を主題とした映画はたくさんあります。さまざまなスポーツ。音楽や演劇などの文化活動。そのどれもが、その活動の魅力を描き、その魅力に取りつかれた人々の熱意を描き、その活動を通して結びつくことの感動を描きます。

この映画であれば、それはジャズなわけです。
しかしこの映画の登場人物の多くにとって、ジャズを演奏する動機は当初は街おこし、やがてはあるメンバーの家族のため。最後までジャズに対する愛はありません。だからこの映画を観て「ジャズってよくわからないけれど、ちょっと楽しそうだな」と感じる人もほとんどいないでしょう。

そんなジャズ愛、音楽愛が感じられないジャズ映画。それは致命的な欠陥です。

そしてそれは、この映画の『街おこし映画』としての出自にも直結します。
まず街おこしという目的があって、そのいくつか考えられる手段のなかから映画が選ばれる。
そこには当然郷土愛はあっても映画愛はなく、その結果生まれた映画は致命的な欠陥を有するのです。

まずは作り手の愛によって育まれた映画が存在し、『思惑』はそれに乗っからせてもらうべきでしょう。『思惑』から愛は生まれないのです。

33/100

#311

|

« エンジェル・ウォーズ (IMAX) | トップページ | ガリバー旅行記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51411553

この記事へのトラックバック一覧です: JAZZ爺MEN:

« エンジェル・ウォーズ (IMAX) | トップページ | ガリバー旅行記 »