« SOMEWHERE | トップページ | JAZZ爺MEN »

2011/04/17

エンジェル・ウォーズ (IMAX)

AwArmed And Ready

ヘソ出しセーラー服に日本刀。戦う敵は巨大な鎧武者などなど。いくつものアイテムをかき集め、悪いヤツをやっつける。
どう見ても日本のビデオゲームの世界そのままの安易さ。
そんな既視感ばりばりのイメージが、超豪華な映像で描かれる予告編を見る限り、これは『贅沢なおバカアクション映画』なんだろうなと、極々気楽に映画館に向かったわけです。

ところが観てみるとそうでもない。まるで『インセプション』のような多層構造を持った世界のうち、例の『おバカアクション』は一層のみ。他の二層はそれなりに重々しい。お遊びは三分の一で、残りはいろいろなものを投げつけてくる。

ザック・スナイダー監督は、『ウォッチメン』でもそうだったけれど、あまりセリフで説明をしないタイプ。そのかわりにその映像は雄弁だ。描き込まれたイメージ。考え尽くされたアングルをしっかりと観ていくことで、観客は物語についていかなければならない。そんな「目で物語を読み解く」体験は、映画ならではの楽しみだといえる。

おバカを期待してそんなにおバカじゃなかったというのは、逆肩すかしといいますか、ちょっと残念だったような、残念じゃなかったような、なんともいえない気分なわけですが。
とりあえずザック・スナイダー。その映像で物語る力は極上の映画体験を与えてくれます。

32/100

#310

|

« SOMEWHERE | トップページ | JAZZ爺MEN »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51411369

この記事へのトラックバック一覧です: エンジェル・ウォーズ (IMAX):

» 映画「エンジェルウォーズ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「エンジェルウォーズ」観に行ってきました。 精神病院に収容された少女が、幻想的な世界で自由に手にするため戦っていくアクション・ファンタジー作品。 「エンジェルウォーズ」というのは日本の映画配給会社が名付けた邦題で、原題は「Sucker Punch(サッカーパンチ:予想外の殴打)」というのだそうです。 この映... [続きを読む]

受信: 2011/04/18 00:01

» 映画:エンジェル ウォーズ [よしなしごと]
 ロリ系美女がミニスカセーラー服で機関銃と日本刀を振り回す映画と言われたら観に行くしかないでしょ!!そして、原題は“サッカー・パンチ”。ツイッターではパンチラシーンもたくさんあることから、“サッカーパンチラ”と呼ばれもした作品。と言うことで、今回の記事はエンジェル ウォーズです。... [続きを読む]

受信: 2011/05/18 21:40

« SOMEWHERE | トップページ | JAZZ爺MEN »