« チョコレート・ファイター | トップページ | セラフィーヌの庭 »

2011/03/20

トゥルー・グリット

Tg Screaming For Vengeance

ほぼ一週間ぶりに映画館が再開しました。
映画館にとって停電は致命的。停電の隙間を縫っての営業です。
まだみんな映画を観る心境ではないかな、と思っていたけれど、ふたを開けてみればビルからあふれるほどの行列。
社員の人達は大変そうだったけれど、きっと批判を覚悟での営業再開だっただけに、この行列はうれしかったはず。

最近はどこへ行っても行列です。電車も、バスも。スーパーも。今日はチケットを買うために40分ほど並びました。映画館で並ぶなんてほんとうに久しぶり。ひょっとしたら『ジュラシック・パーク』以来かもしれません。
でも映画館での行列は、なんだかそんなにイヤじゃないのです。みんな映画が観たくて朝からわざわざ集まっている。それに応えようとするスタッフだって一生懸命です。映画を求める人、与える人。みんなきっと仲間なんです。そこにいる何百人の人達みんなが「今日ここに映画があってよかったなぁ」と思っているからなんでしょうね。

さて、今日の映画はコーエン兄弟監督の『トゥルー・グリット』です。
コーエン兄弟は『ノーカントリー』と『バーン・アフター・リーディング』しか観たことがありませんが、どちらも好きではありません。映画としての質は高いのに、なんだか変なひねりがある。そしてそのひねりが、結局のところ面白さや驚きではなく、単なる監督の自己満足に感じてしまうところがイヤなのです。だから『監督コーエン兄弟、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ』というのは、自分的には水と油、あり得ない組み合わせのように思えてなりませんでした。

そして本作は、どこをどうとっても『普通に』おもしろい、とても魅力的な映画となっていました。主役の3人のぎくしゃくとした珍道中がよい。特に14歳のヒロイン、ヘイリー・スタインフェルドが絶品。彼女はクレジット上は助演的扱いですが、彼女のキャスティングなくして本作の成功はありえなかったのではと思わせる存在感です。

製作総指揮という仕事が、どれくらい映画に影響を及ぼすものかわかりません。でも『トランスフォーマー』や本作をみると、自己中やひねくれ者に『エンターテインメントの神様』が及ぼす影響というものを強く感じてしまうのです。
本作で言えば子役や動物の使い方の上手さ。ラストのファンタジックすぎる星空のもと、少女の命を助けるために疾走する保安官とリトル・ブラッキー。
そんなところに『カラー』を見たと思ってしまうのは、ちょっと考えすぎですかね。

とにかく、本年のアカデミー賞でかすりもしなかったことからもわかるように、本作は誰もが楽しめる第一級の娯楽映画です。

24/100

#302

|

« チョコレート・ファイター | トップページ | セラフィーヌの庭 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51172397

この記事へのトラックバック一覧です: トゥルー・グリット:

» 映画「トゥルー・グリット」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「トゥルー・グリット」観に行ってきました。 アメリカ西部開拓時代を舞台に、14歳の少女が2人の男と共に父親の仇を追う復讐劇を描いた、1969年公開の西部劇映画「勇気ある追跡」のリメイク作品です。 映画「ヒアアフター」と同じく、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を、マット・デイモンが主演のひと... [続きを読む]

受信: 2011/03/23 01:35

» トゥルー・グリット がらがらへ〜びがやってきた〜! [労組書記長社労士のブログ]
【=17 -3-】 木曜日、仕事の一貫で大阪府池田市内をママチャリ乗って一日中爆走、さっきマピオンキョリ測でポチポチと走行距離を大雑把に計ってみたら、なんと30?くらいを走っていた。 途中雨は降るし、ポータルナビゲーションのバッテリーは切れるし、せっかく登り切っ...... [続きを読む]

受信: 2011/03/29 10:17

» 映画:トゥルー・グリット [よしなしごと]
 親は西部劇が好きなのですが、親父が見る西部劇はどうも古くさくて好きになれなかったんです。と言うわけでまともに西部劇を見た事もなかったのですが、うちの親父の好きだった作品の1つ勇気ある追跡がコーエン兄弟によってリメイクされるという事で観に行こうと思っていました。そんな時、試写会に当たったので楽しみにしていたんです。ところが震災で試写会会場が打撃を受け中止に。試写会時に配ろうと思っていた招待券を希望者には郵送するという連絡があり、ありがたくいただく事にして、観に行ってきました。と...... [続きを読む]

受信: 2011/05/07 06:17

» [映画『トゥルー・グリット』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆すっかり、王道の物語を撮れるようになったコーエン兄弟監督作である。  かつての、ジョン・ウェイン主演西部劇のオリジナル原作を映画化したとのこと。  ・・・父親を殺された娘が、保安官を雇い、インディアン居留地に逃亡した犯人を追う。  犯人には多くの前科...... [続きを読む]

受信: 2011/05/17 22:37

« チョコレート・ファイター | トップページ | セラフィーヌの庭 »