« 恋とニュースのつくり方 | トップページ | ツーリスト »

2011/03/05

やさしい嘘と贈り物

Yasa山椒は小粒で、ぴりりと辛い

年老いた男と女が出会い、親交を深める。
しかし、男には秘密が、女には思惑があった。

どうしてそうなのかわからないのですが、この映画のストーリー上の秘密は、予告編を観ただけで、いやいやポスターを観ただけでわかってしまうのです。
つまり映画としての魅力の一部を、みすみす放棄してしまっているわけです。

しかし、それでもこの映画を観て感じる、この緊張感はなんだろう。
わかっている暴露、わかっているクライマックスに向けて。
なんともいえないサスペンスを感じさせる。
微笑ましい、やさしい二人の交流。
その裏側に不気味に流れるもの。

シナリオによる、ロジカルなテクニックではなくて。
音響、音楽、光、影、カット割りや編集。
そういった映画ならではの、感覚に訴えるテクニック。
それらによって、シナリオ上の仕掛けを知ってしまった観客にも、こんなにサスペンスを盛り上げられる(なによりサスペンス映画ではないのに、だ)。

そんな映画テクニックの魅力が堪能できる小品です。

21/100

#298

|

« 恋とニュースのつくり方 | トップページ | ツーリスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/51039953

この記事へのトラックバック一覧です: やさしい嘘と贈り物:

« 恋とニュースのつくり方 | トップページ | ツーリスト »