« ザ・タウン | トップページ | Gary Moore »

2011/02/06

ジーン・ワルツ

W無いものねだり

キャスティングは難しい。
作家のイマジネーションが産んだキャラクターに対して、人間はあくまでも生身だ。
菅野美穂と田辺誠一。
悪くはない。だけれども何かが足りない。オーラ?ムード?スケール?底知れないキャラクターを演じるには、何かが足りない。彼らはあくまで『普通の』人にしか見えない。

映画の方は、原作のとんがったところ、過激なところを微妙に削り落としている。
一見改悪のようだけれど、そうではないのかもしれない。
一般の人に共感しやすくすること。そしてなにより、キャラクターの人物像を『普通』に近づけることで、『普通』の人が演じても違和感がないようにすること。
そんなスポイルの仕方は、手堅い映画づくりとして評価すべきかも知れない。

もしこの映画を観て興味を持ったのであれば、ぜひ原作も。
凄絶で美しい、『真』の曾根崎理恵がそこにいる。

13/100

#290

|

« ザ・タウン | トップページ | Gary Moore »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50793536

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・ワルツ:

» 『ジーン・ワルツ』 | 浅丘ルリ子の妖演がこの映画を救った? [23:30の雑記帳]
皆さんに謝らなければいけないことがあります。 今までいろいろな映画に、 容赦ない辛口批評を浴びせてきましたが、 この映画を観てしまった今、 下には下があることを思い知ら ... [続きを読む]

受信: 2011/02/07 06:03

» ジーン・ワルツ(2011-014) [単館系]
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。 産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品。 主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂。 「...... [続きを読む]

受信: 2011/02/25 21:51

» 映画:ジーン・ワルツ [よしなしごと]
 この日、洋菓子店コアンドルを見ました。2作目はどうしようかと迷いましたが、やっぱ蒼井優と言えば次は大森南朋でしょ。と言うわけで、ジーン・ワルツを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011/03/05 23:55

» 映画:ジーン・ワルツ [よしなしごと]
 この日、洋菓子店コアンドルを見ました。2作目はどうしようかと迷いましたが、やっぱ蒼井優と言えば次は大森南朋でしょ。と言うわけで、ジーン・ワルツを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011/03/06 00:26

» ジーン・ワルツ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ジーン・ワルツ'11:日本◆監督:大谷健太郎「ラフ ROUGH」「NANA2」「NANA」◆出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ル ... [続きを読む]

受信: 2011/03/07 17:12

» ■映画『ジーン・ワルツ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
「なるほど、こうまとめましたか…」 映画『ジーン・ワルツ』は、海堂尊の原作からミステリ成分を少なくし、感動ものの要素をプラスした作品です。 もちろん、原作小説と映画が別物だということはわかっているんです。 ただ、どっちつかずになってしまった印象は否めないか... [続きを読む]

受信: 2011/08/06 20:27

« ザ・タウン | トップページ | Gary Moore »