« 幸せの始まりは | トップページ | 洋菓子店コアンドル »

2011/02/12

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

FoxA Light In The Black

なかなかの力作。
アクション映画ではないけれど、冒頭の戦闘シーンから迫力満点だ。
そのドライな質感は、飢餓・玉砕・自決といった日本の戦争映画にありがちな、じっとりとしたウェットさとは一線を画す。
では『戦争の悲惨さ』も控えめなのかというとそんなことはない。そもそもの発想が違うのだ。

この映画は監督、脚本家を始めほとんどのスタッフが日米それぞれに別れて製作を行っている。ゆえにこの映画の日米は『敵味方』という明確な色づけをされていない。それぞれがフェアに描かれている。それは戦争映画としての感情移入を妨げる要因ではあるけれど、それよりももっと大きな効果がある。

この映画の両陣営。もちろん中には頑迷な人や偏見をもった人はいるけれど、どちらも良識ある『よい人々』なのだ。そしてそんな『よい人々』同士が、無意味な殺し合いをしなければいけないというありさまを通じて、戦争の愚かさ、やりきれなさを訴えてくる。
そして『よい人々』が無意味に死ぬことでなく、がんばって生きることがこの映画の一番の感動なのだ。

そう、だからこの映画の『奇跡』は、決してフォックスの神出鬼没の戦い方などではない。
「戦争が終わったのだから、武器を置いて家に帰る」
そんな当たり前のことが、あの頃は『奇跡』だった。
そんなことが『奇跡』であるほど、あの頃の日本は歪んでいたのだ。

15/100

#292

|

« 幸せの始まりは | トップページ | 洋菓子店コアンドル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50851806

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-:

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォックス)率いる47人の日本兵達の物語。 元アメリカ海兵隊のドン・ジョーンズがまとめた長編実録小説『タッポ... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 02:14

» 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは? [映画のブログ]
 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。  この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 20:17

» 映画<太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−> [美味−BIMI−]
歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」 nbsp; <太平洋の奇跡−フォ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 14:11

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」日本人は何処へ向かってきたのか [soramove]
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」★★★☆ 竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、 山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳出演 平山秀幸監督、128分、2011年2月11日公開 日本,東宝 (原作:原題:太平洋の奇跡)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「太平洋戦争時のサイパン島で、 わずかな兵力で米軍に抵抗を続けた 大場栄大尉率いる日本人将校たち。 決して自ら降伏はし... [続きを読む]

受信: 2011/02/22 07:10

» 映画:太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 [よしなしごと]
 すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2011/04/29 00:39

« 幸せの始まりは | トップページ | 洋菓子店コアンドル »