« RED | トップページ | ザ・タウン »

2011/02/05

ウォール・ストリート

Wall2憎みきれないろくでなし

『2』ではなく、邦題ではタイトルがただ英語になっただけだけれど、これは『ウォール街』の完全なる続編です。
経済ドラマとしては前作と代わり映えがしません。流言で株価を操作するという、あいかわらずの展開ばかり。特に観るべきものはありません。
ゲッコー親娘と娘の婚約者。この三人のドラマの行く末が唯一の見所といえるでしょう。

果たしてゴードンは娘に歩み寄り、心を入れ替えるのか?
それとも娘さえも踏み台にして、貪欲に生きるのか?

その結末は…
なんだかぐだぐだっと、みんながゴードンにうまく丸め込まれてしまったような、ゴードンのいいとこどりのような。どっちつかずで、都合よくて。
そんななんともしまらない終わり方。

でもそのぐだぐださが、なんともマイケル・ダグラスだったかもしれません。
自分勝手で、貪欲で、下品でいいかげん。
思えば彼はいつもそんな役柄ばかりでした。
そんな相変わらずのマイケル・ダグラス印全開の映画だったとはいえるでしょう。
そもそもオリヴァー・ストーンにドラマを期待するのが酷だったかも知れません。
まぁ、俳優の地力でそれなりに観れるのですがね。

それとこの映画を観て感じたのは、予告編の出来が素晴らしかったということ。
本編の中のシーンをコラージュして演出した、続編のわくわく感は絶品でしたね。
たとえばヘリのシーン。本編でははっきりいって何の意味もないシーンでしたが、予告編ではとてつもなくでかいビジネスが動いているような予感を感じさせるシーンとなっていました。
あの予告編は、正直本編を超えていましたね。

とにかく早くよくなって、もっともっと映画に出演し続けてください。

11/100

#288

|

« RED | トップページ | ザ・タウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50786885

この記事へのトラックバック一覧です: ウォール・ストリート:

» 映画「ウォール・ストリート」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。 1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。 新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ演じる若き証券マンのジェイコブ・ムーアと、8年の服役ですっかり過去の人となった、前作でも活躍したマイケル・ダグラス扮するゴードン... [続きを読む]

受信: 2011/02/07 23:44

» 映画:ウォール・ストリート [よしなしごと]
 ウォール・ストリートを観てきました。この作品を見る前に未鑑賞の前作品ウォール街を見ようと、TSUTAYAに何度か行ったのですが、1本しか在庫がなく、いつも貸し出し中。仕方なく前作は見ないでの鑑賞でした。公開から2週間もたっていないのに、シネコンの一番小さな劇場での上映でした。チケットを買う時に、間違えたのかと思い、「もう一番小さい劇場での上映なの?」と聞くと「はい。あまりお客さん入らないので。」と言ってました。えぇっええ~~!これから見ようとする人に、そんなに正直に答えるの?...... [続きを読む]

受信: 2011/03/23 07:55

« RED | トップページ | ザ・タウン »