« 英国王のスピーチ | トップページ | やさしい嘘と贈り物 »

2011/02/27

恋とニュースのつくり方

News Captain Han Solo , Never Die

打ち切り間際のTVモーニングショーを任された若手プロデューサーにレイチェル・マクアダムズ。その番組に巣くう妖怪のような老練キャスターにダイアン・キートンとハリソン・フォード。
相変わらずロマコメ風の邦題だけれども恋愛要素は低し。でも映画としてはとても丁寧に創られていておもしろい。レイチェルも元気でかわいいし、ダイアンも笑いどころをがっちりつかんでさすがの一言。
でも今日は、ハリソン・フォードのことを書きます。

ハリソン・フォード扮するスター・ウォーズのハン・ソロ。
子どものころから、もう、永遠のアイドル、ヒーロー、スターです。思い起こすと生徒手帳(そんなものあったなぁ)には『ロードショウ』から切り抜いたハン・ソロの写真が入っていました。
船長とはいえ海賊。いい加減で協調性なし。みんなががんばっているのに知らん顔。
口を開けば金のこと。決戦が近づけば、命が惜しいと自分だけ引き上げます。

でも、最後の最後。主人公たちが絶体絶命の時。
「しょうがねぇなぁ」
圧倒的な実力で、みんなを軽々助けていく。

この映画のハリソン・フォード。
おじいさんの役です。というよりもう60代後半、本当のおじいさんです。
でも、どうです、この映画のハリソン。
ハン・ソロそのものです。
ミレニアムファルコンが、卵と包丁になっても。
姫が娘のような同僚になっても。
かっこよさはぜんぜん変わらない。

「どうせ助けるなら、もっと早く助けろよ」
いいんです。これがハン・ソロの美学なのです。
かっこつけなのです。
そしてかっこいいのです。

すごく、うれしかったな。

20/100

#297

|

« 英国王のスピーチ | トップページ | やさしい嘘と贈り物 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50989167

この記事へのトラックバック一覧です: 恋とニュースのつくり方:

» 映画「恋とニュースのつくり方」恋は作ってないぞ [soramove]
「恋とニュースのつくり方」★★★☆ レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、 ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン出演 ロジャー・ミッシェル監督、107分、2011年2月25日公開 2010,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン (原作:原題:MORNING GLORY )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「最近勝負作のないハリソン・フォード、 映... [続きを読む]

受信: 2011/03/10 22:36

» 映画:恋とニュースのつくり方 [よしなしごと]
 もう1ヶ月近くたってしまいましたが、恋とニュースのつくり方を観てきました。震災や仕事の忙しさにかこつけてなかなかブログを書かずこんなに遅くなってしまった。 [続きを読む]

受信: 2011/04/13 04:08

« 英国王のスピーチ | トップページ | やさしい嘘と贈り物 »