« エリックを探して | トップページ | 恋とニュースのつくり方 »

2011/02/27

英国王のスピーチ

KsBritish Steel

アカデミー賞の季節です。
私たち一般大衆が喜ぶ映画とは微妙に「ずれた」映画が受賞することの多い映画賞。
しかし、映画界最高の権威であることは間違いありません。
本作も作品賞その他の候補となっています。

イギリス映画ですが、この映画は本当にイギリスの魅力満載です。
まずは英国俳優たちの素晴らしさ。二人の男の長期間にわたる友情を描いていますが、主演の二人だけでなく、その妻たちも家族たちも、ちょっと出てくるチャーチルだって。誰もが存在感にあふれ表情豊か。

そして美術。演劇のように演技中心の映画ですが、衣装や背景などの美術にも手抜きはありません。きめ細やかに再現された20世紀初頭のロンドン。室内装飾。ウェストミンスター寺院。どれもみな美しい。

なにより、ウイット。ユーモアともコミカルとも違う。笑うのではなくほくそ笑むような。悲しいときもつらいときも。怒れるときもうれしいときも。いつもそれを忘れない。映画全編をしっとりと潤す。まさにイギリスならでは。

「史実をもとにした英国王室の物語」
でもイメージされる堅苦しさはまるでない。そこにあるのはスケールよりもコンパクトなまとまりのよさで勝負した、上質のドラマ。
思わず微笑んでしまうけれど、なぜか一緒に涙が出てくる。

この間の『スラムドッグ$ミリオネア』ように、普通に面白い映画がちゃんと作品賞を獲ることもあるけれど、本作はどうでしょうか。
まさにイギリス。イギリスの素晴らしさ、美しさ。そしてしなやかな強さ。

アメリカのアカデミー会員のみなさん。
この映画に戴冠する度量がありますか?

19/100

#296

|

« エリックを探して | トップページ | 恋とニュースのつくり方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50982071

この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ:

» 『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ [映画のブログ]
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...... [続きを読む]

受信: 2011/03/01 20:02

» 映画:英国王のスピーチ [よしなしごと]
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011/05/10 23:19

« エリックを探して | トップページ | 恋とニュースのつくり方 »