« しあわせの雨傘 | トップページ | RED »

2011/01/29

GANTZ

Photo 『GANTZ』の正体

GANTZ(ガンツ)

そうです。一定年齢以上の方ならばすぐにわかりますよね、その正体。
そうです。それしかありません。

GANTZの正体は、ガンツ先生です。

もともとガンツ先生は、よいことをした生徒に得点を与えていました。
しかし本作のガンツ先生は、地球に潜入した異星人を上手に殺戮した生徒に得点を与えるようになりました。

なのでこの映画は、人体破壊と流血が満載です(よくPG12で済みましたね)。
ただそちらが印象に残る反面、登場人物の感情の推移、その表現は少々おざなり。
『そういう展開なんだ』と理解しながら観ることはできますが、それを実感することは出来ませんでした。

長大なコミックの映画化では、どこに力点を置くかによってどうしても描き足りないところが出来てしまうのでしょうが、すくなくても『DEATH NOTE』や『20世紀少年』の時のように、「原作を読みたい」と思わせるだけの魅力は感じられませんでした。

9/100

#286

|

« しあわせの雨傘 | トップページ | RED »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50718330

この記事へのトラックバック一覧です: GANTZ:

» 映画『GANTZ』 [よくばりアンテナ]
グロいし、怖いし、気持ち悪いシーンもあるし、ハラハラドキドキして、 息をするの忘れちゃうような、 ま、とにかく面白い作品でした〜〜〜!! 原作のコミックは読んでませんが、 原作知らずとも映...... [続きを読む]

受信: 2011/01/29 22:13

» 『GANTZ』 このスーツを見よ! [映画のブログ]
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。  エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...... [続きを読む]

受信: 2011/01/30 03:36

» 「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!  就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄の駅で幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)と再会。線路に転落した酔っ払いを助けようとした加藤に手を貸した玄野だったが、2人とも走ってきた電車に轢かれてしまう。しかし次の瞬間2人は... [続きを読む]

受信: 2011/01/30 03:40

» 映画「GANTZ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された作品です。 作中では「肉体や血が飛び散る」的スプ... [続きを読む]

受信: 2011/01/30 22:32

» 映画:GANTZ [よしなしごと]
 原作は知らないのですが、松山ケンイチと二宮和也というキャスティングに惹かれて観ることに。僕が男性俳優に惹かれて観ることにしたという映画はこれが初めてかも。GANTZです。 [続きを読む]

受信: 2011/02/06 13:12

« しあわせの雨傘 | トップページ | RED »