« おくりびと | トップページ | ロビン・フッド »

2010/12/01

SPACE BATTLESHIP ヤマト

Ymt 何もかも…みな懐かしい

コミックを実写映画化する方法論として、たとえば『バットマン』ならば、ティム・バートン版とクリストファー・ノーラン版ではその方法論は大きく異なっていた。

バートン版は、コミックをそのまま実写化したかのようなコミカルさ。コスプレ大会のようなにぎやかさを。
ノーラン版は、現代的な解釈を施した厚みのある人間ドラマと、モダンでダークな世界観を。

本作の方法論は、この両者の折衷案である。よく言えばいいとこ取り。悪く言えば中途半端である。

冒頭の『無限に広がる大宇宙…』のナレーションから、前半はコスプレ、名シーン、名セリフのオンパレード。さまざまな実写再現シーンの連続には、不覚にも感動を覚える。数十年ぶりなのに、いかに『宇宙戦艦ヤマト』が身に染みついているのか思い知ってしまった。
柳葉敏郎の真田さんなどは、まさに声帯模写。思わず爆笑ものである。

しかし予告編でのガミラス艦隊の有機的デザインを観て、そしてなかなか発表されない異星人側の配役からうすうす想像していたとおり、異星人側の設定、そして後半の展開は大きくアニメ版と異なる。あのような『個が全てであり全てが個である』ようなネットワーク型の生命体の概念は、アニメが生まれた70年代には多くの人には想像不可能なものであったかもしれず、そういう意味では後半はかなり現代的なモダンなアレンジを加えていたのだと思う。

どうしてこうなったのかは理解できる。
もし全編がコスプレ大会だったら、それはSF映画と言うよりもコメディー。早い話が『新春スターかくし芸大会』になってしまう。それは監督的には許せなかったのだろう。
しかし全編がオリジナル解釈によるモダンな設定だったとしたら、これだけの製作費をスポンサーから集めるだけのインパクトはなかったかもしれない。一見して『ヤマト』とわかる表層はビジネス的には必要不可欠であったろう。

しかし、もっと突き抜けて欲しかった気もする。

デスラーが青く塗った中井貴一や佐藤浩市だったら、いやいやいっそ伊武雅刀(声の出演でしたね)だったらすごかっただろう。イスカンダルに着いて金髪にした小雪がいたら笑えただろう。みんな心のどこかでそんな期待をしていたはず。

モダンにするなら制服をあのデザインにする必要もないし、そもそもヤマトが戦艦大和の形をしている必要なんかなかっただろう。もっとリアルでメカニカルなバトルシップにしても面白かったと思う。

ただ、中途半端ではあったけれど、それなりにどちらのヤマトも楽しめたことは事実。
『二兎を追う者一兎を得ず』ということはなく、二兎を追って合わせて一兎分くらいは得ていたのではないだろうか。

この手の映画は作り込みが命。ハリウッドのSF大作と比べたら本作の予算規模はたぶん10分の1くらい。技術では補いようのない大きなハンデがある。それでもそのクオリティは10分の1を遙かに超えていただろう。
山崎監督と白組のみなさんには、『三丁目の夕日』シリーズでお金を貯めて、またこういうSF映画をぜひ創っていただきたいものです。

○その他 1
仮死状態の森雪のもとにかけつける佐渡先生。「AEDもってきたわよ」
…184年後なのに、まだそんなもので救命しているとはびっくり。

○その他 2
とにかくテンポがよい本作。波動砲、ワープ。昔の緊張感はどこへやら。どんどん撃ってどんどん飛びます。ついでに古代と森雪の恋愛も唐突なほどスピーディー。いつの間にか二世まで。
上映時間の関係でしかたないとはいえ、時代ですかねぇ…。その割りには、玉砕直前のシーンがいやに長くて。泣き所強調しすぎです。

○その他 3
きら星のようなスター軍団の中で、あまりに不憫な堤真一。
ストーリーの変更により、感動シーンとなるはずの守&進兄弟のイスカンダル再会は完全カット。1分程度の出演時間は艦橋モニター画面の中。あとは随所で数秒映る記念写真(笑)。その写真の中のおどけた表情がまた涙をさそいます。
ラストで特攻するヤマトの前に突如現れた傷だらけの守の『ゆきかぜ』。
「進。お前は生きろ。俺が行く」
…そんなかっこいい再登場シーン、ないんだよなぁ、やっぱり。

#265

|

« おくりびと | トップページ | ロビン・フッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

壮大な“ごっこ遊び”でした(爆笑)

一応、ヤマト世代としては、見ないと文句もいえないし・・・
というわけで、観ました。
森雪を戦闘員にしてしまった罪は重いですが。

しかし、いまだ抜け出せないものか『特攻』
波動砲でガミラス残党を蹴散らして、生還するのはいけないこと?
つか『ヤマト』としては、真田さんの置き土産的脱出ポッドの
ひとつやふたつあっても良いと思うんですが。

アナライザーがあんなんなら、色々出来そうなのに・・・。

投稿: sintaro | 2010/12/05 23:08

> SINTARO さん

コメントありがとうございます。

『特攻』でしたね。
『さらば宇宙戦艦ヤマト』でした。

イメージとして戦艦大和と『特攻』は切り離せませんし、
ヤマトの生まれた70年代はまだ終戦から30年位しかたっていませんでしたからね。

メンタル的に、ヤマトはとても『旧日本』でした。

そこをアレンジするとなると、もはや沖田艦長に居場所はないかもしれません。

投稿: starless | 2010/12/11 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50185381

この記事へのトラックバック一覧です: SPACE BATTLESHIP ヤマト:

» 映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」観に行ってきました。 言わずと知れた、キムタクこと木村拓哉主演による、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画版。 ちょうど映画の日の初日だったこともあってか、スクリーンは満席とは言わないまでも結構客で埋まっていました。 ストーリーの冒頭は、ガミラス艦隊の前に地球側の戦力が... [続きを読む]

受信: 2010/12/02 01:45

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました (ネタばれなし) [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
実写版『宇宙戦艦ヤマト』こと『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきた。 劇場は満員御礼、原作ファンとキムタクファンが多い感じで、男性同士、女性同士、男女ともおひとり様のお客さんが多かった。 原作ヤマトのTシャツを着て気合いたっぷりで臨んでいた若い男子もいて、... [続きを読む]

受信: 2010/12/03 00:49

» SPACE BATTLESHIP ヤマト あ〜あかんやん!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=54 -15-】 「ぜ〜ったいに観ないっ!」って宣言しまくっていたのに、やはり怖いもの見たさで、ついつい観てしまった。 12月1日は映画の日、しかもどっちにしろ意味がないが水曜日はレディースディ、映画館に足を向けさせるには絶好の日で、まだ忘年会シーズンも本格的に始まっていないし、スケジュールも空いている、そんな思惑からか、この映画の封切りは異例の「12月1日(水)」。 とにかくスタートダッシュを決めたかったのだろうな。 その企みは見事に成功か、TOHOシネマズ梅田では、THE... [続きを読む]

受信: 2010/12/03 08:57

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 | 邦画史上最高レベルのVFX。いろいろな意味で必見 [23:30の雑記帳]
まずはよかったところから。 VFXは宣伝に偽りなしの素晴らしさです。 私がいちばん感動したのは、 波動砲を発射する直前のエネルギー充填で、 発射口に粒子が吸い込まれていく ... [続きを読む]

受信: 2010/12/03 13:18

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  その惹句を目にしたとき、作り手の並々ならぬ想いを感じた。  それは、どこまでをヤマトと考えるのか、という大問題だ。  「必ず、生きて還る。」  それが、『SPACE BATTLE...... [続きを読む]

受信: 2010/12/05 17:45

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ヤマト、発進!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード  プロジェクトの始動が発表されて以来、様々な方面で賛否の物議を醸してきた、あの名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の“キムタク版”…もとい、“実写版”映画が遂に完成、そして公開!「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝)。アニメ版「ヤマト」世代ど真ん中の吾輩、“ワクワク、ドキドキ、ビクビク?”“興味津々、怖いもん見たさ”『大丈夫なんかな~?』という、期待&不安&興奮(何せ1年前の「復活篇」では、ヒドイ目に遭いましたから…(>_<)、その他いろ~んな感情ごち... [続きを読む]

受信: 2010/12/07 22:28

» 映画:SPACE BATTLESHIP ヤマト [よしなしごと]
 観たいけどアニメ版のイメージが崩れるのがイヤだからと会えてみないという選択をする人も多いとか。でも僕はアニメ版は観ていないので、安心して観に行けます。と、思ったら、あまり評判良くないので、“安心して”はなかったけれど、観に行くことに。と言うわけで今回の記事はSPACE BATTLESHIP ヤマトです。... [続きを読む]

受信: 2010/12/31 18:15

» 『SPACEBATTLESHIP ヤマト』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ地球が放射能で汚染される中、古代進は宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう・・・。感想自分はガンダム世代なので、「宇宙戦艦ヤマト」は再放送で観たんです... [続きを読む]

受信: 2011/12/10 20:26

» 別館の予備(感想123作目 SPACE BATTLESHIP ヤマト) [スポーツ瓦版]
1月29日 SPACE BATTLESHIP ヤマト(感想213作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/111487 ... [続きを読む]

受信: 2012/01/29 13:20

« おくりびと | トップページ | ロビン・フッド »