« SPACE BATTLESHIP ヤマト | トップページ | 武士の家計簿 »

2010/12/11

ロビン・フッド

Rf 『魔術師』健在

リドリー・スコット+ラッセル・クロウの歴史物。
グラディエーター』というよりは『キングダム・オブ・ヘブン』の主役をラッセル・クロウに差し替えたというほうがイメージは近いかもしれない。
しかし本作では、スコット作品では珍しく主演女優が大きくフューチャーされている。それがまた本作のイメージにぴったりすぎる、ケイト”エリザベス”ブランシェットである。

物語の前半は、ラッセル&ケイトのいかつい(笑)カップルと、ケイトの父親マックス・フォン・シドーの超特濃一家によるドラマが中心。戦争アクションという期待を裏切りつつもさすがは名優ぞろい。あきる暇もない。
そして後半が、イングランド一致団結してのフランス迎撃戦となる。

冷静に観てみると、俳優の演技はよいもののストーリーは平凡だし、最後の戦争シーンも『キングダム・オブ・ヘブン』と比べたら、かなりスケールダウンしている。
しかしそれは、「冷静に観て」みれば、の話だ。

その圧倒的な映像美。とても冷静には観れなかった。

森も山も、海も崖も。霧も雲も、土埃も水しぶきも。あらゆるシーン、あらゆるカットが美しい。どんな映画でも映っているものなのに、なぜ、リドリー・スコットが撮るとこんなにきれいなのだろう。

戦闘シーンで用いられる接写だって。『ボーン・アイデンティティー』あたりから流行はじめて、最近ではすっかり定番の技法。どうしても手ぶれが多くなり(それが臨場感を高めているのだけれど)、映画によっては酔ってしまうこともあるけれど、本作では手ぶれまでもが美しい。

もちろんCG補正も多用されているだろうけれど、基本はそこに実際にあるものを、カメラのレンズを通して映しているだけ。それだけなのに、なぜ他の監督とはこんなに違うのか。よく大物監督のことを『巨匠』というけれど、本当の『巨匠』とはこういう人のことをいうのだろう。

『グラディエーター』ではその映像美が流血シーンのリアルさに繋がってしまっており、見る人を選ぶ面もあったけれど、本作では直接的な描写はほとんどない。
そういう意味でも多くの人にお勧めできる、リドリー・スコットの芸術的映像美が楽しめる良作品だと思います。

#266

|

« SPACE BATTLESHIP ヤマト | トップページ | 武士の家計簿 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50274470

この記事へのトラックバック一覧です: ロビン・フッド:

» 『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは? [映画のブログ]
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...... [続きを読む]

受信: 2010/12/16 23:42

» 映画:ロビン・フッド [よしなしごと]
 キック・アスを観に行ったら最前列3列しかあいていないと言われ、翌日のチケットを購入。そのまま帰るのもしゃくなのでロビン・フッドを観てきました。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップは年を越えてしまいました(汗)。  しつこいようですがこの映画も株主優待&ポイントカードで、無料で鑑賞できました。こんな良い映画がプレミアシートで無料で見られるなんて、幸せ(笑)。... [続きを読む]

受信: 2011/01/05 04:17

» 映画『ロビン・フッド』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-79.ロビン・フッド■原題:RobinHood■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:140分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月11日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円... [続きを読む]

受信: 2011/01/20 22:29

« SPACE BATTLESHIP ヤマト | トップページ | 武士の家計簿 »