« 最後の忠臣蔵 | トップページ | ノルウェイの森 »

2010/12/26

キス&キル

Kk どうせならお母さんも…

どう見ても『ナイト&デイ』の劣化コピーに見えてしまう映画。
ちょっと恥ずかしい邦題だけれども、その原題は『Killers』。
殺し屋の映画だから当たり前? 最後の『s』に注目して欲しい。

そう、複数形。中盤以降わらわらと登場する殺し屋たちが本作の主役。あの人もこの人も。ご近所のあの人まで。登場人物の大部分が殺し屋というのがこの映画の見所。

「誰が殺し屋か?」というよりも、もはや「誰が殺し屋じゃないの?」という世界になっているところが、最高に面白い。

#271

|

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | ノルウェイの森 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/50408896

この記事へのトラックバック一覧です: キス&キル:

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | ノルウェイの森 »