« THE LAST MASSAGE 海猿 | トップページ | SP 野望編 »

2010/10/17

エクスペンダブルズ

Exp_2 The Boys Are Back In Town

これはお祭りですよ。
企画したスタローンと、それに応えた回りの俳優たちの心意気だけで、もう満足です。
シュワルツェネッガーとウィリスの出番は確かに短すぎて肩すかしかもしれません。
でも、アクション俳優というキャラのかぶったあの3人。80年代にしのぎを削ったライバル、きっとお互いに煙たく、仲の悪かった時期だってあるにちがいありません。そんな3人が同じカットにおさまること自体、奇跡というかなんというか。観てはいけないものを観ているような緊張感を覚えてしまいました。

もちろん内容はどうってことありません。
撃ちまくって斬りまくって爆発して、それだけです。単純です。
でも、個人的にはもっと単純にしてもよかったと思います。敵であるはずの将軍のキャラ造形に含みをもたせてしまったために、最後の戦闘が単純に「悪をなぎ倒す」という構図にならず(本当に悪いのは現地の人ではないからです)、今ひとつ爽快感が感じられませんでした。
でも、そんなことは些細なことです。
出演者みんなが楽しそうだったのが、なによりも印象的でした。

最後の選曲も素晴らしいの一言。まさかあのツインリードをあんな大きな音で聴けるとは。
「帰ってきたぜ」
ほんとにお帰りなさい。これからもよろしくお願いします。

しかし、である。

『日本独自のエンディングテーマ』というものはもはや珍しくないし、イメージにあわない音楽を当てられてしまうことも、まぁ珍しくない。
だが、限度というものがある。

『男らしさ』を『粗暴さ』『けんかっ早さ』と勘違いしているあの男。その暴力を身近な弱者に向けていると、とかく噂のあるあの男。

そんなチンピラの音楽で、祭りに水をさした日本の配給会社。
お前たちは、この映画で描かれている『男らしさ』がまるでわかっていないということだな。

松竹、観ても理解できないなら、もう洋画の配給やめろ。

#259

|

« THE LAST MASSAGE 海猿 | トップページ | SP 野望編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

実は、アクションとエンタテインメントの参考として、初めてアクション物を見る為に映画館へ行きました。
ミッキー・ロークとジェット・リーが決め手になりました。

面白かった!です。
敵役はショボかったですけど、単純明快で無理なく楽しめました。

投稿: sintaro | 2010/11/05 23:51

>SINTARO さん

楽しんでいただけて、なによりでした。
歳をとったりキャリアを積んだりしても、もともとの自分たちの原点をちゃんと忘れずに「単純明快」な映画を創ってくれたのがとてもうれしかった映画でした。

最近は、アクション映画は下火ですからねぇ。

投稿: starless | 2010/11/06 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/49762843

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブルズ:

» エクスペンダブルズ / The Expendables [勝手に映画評]
シルベスター・スタローンお得意の、ドンドン・パチパチの脳みそ筋肉映画です。ライバルの、ブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーも(チョイ役ですが)出ていることで話題です。 物語の冒頭は、ソマリア沖で海賊に乗っ取られた船。時代ですね。...... [続きを読む]

受信: 2010/10/17 17:20

» エクスペンダブルズ [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>バーニー(シルヴェスター・スタローン)は、傭兵(ようへい)軍団のリーダーとして精鋭たちを束ねている。彼はナイフの... [続きを読む]

受信: 2010/10/20 00:28

» エクスペンダブルズ [幕張コーポ前]
世界最強な映画を観てきました。監督・主演、シルヴェスター・スタローン。ほかにアクション界の豪華スターを揃いに揃えて、ドリームチームを結成しました。強いです。ぜんぜん死にません。もう敵に同情します。プレデターだろうが、アポロ・フリードだろうが、ハンス・グル... [続きを読む]

受信: 2010/10/24 09:59

» 映画:エクスペンダブルズ [よしなしごと]
 今回の記事は2週間前に観たエクスペンダブルズです。 [続きを読む]

受信: 2010/11/11 01:29

« THE LAST MASSAGE 海猿 | トップページ | SP 野望編 »