« FLOWERS | トップページ | 悪人 »

2010/07/18

トイ・ストーリー3

Ts3 いつまでも、いっしょにいられれば、いいのに…

『おもちゃが動き出して、大騒ぎするアニメ』

このシリーズの第一印象は、だいたいこんなものでしょう。こどもは喜びそうだけれど、大人はちょっと敬遠してしまう雰囲気。キャラもアメリカンでかわいいとは言い難い。だから観たことがなかった。

ある日、映画館で『3』の予告編を観た。意外だった。こんな恐ろしい話だったのだろうか。『1』と『2』をDVDで観てみる。やっぱりそうだ。
このシリーズのテーマは、多くの人が目を背けながら生きている人生の真実。

「人の存在には絶対的な価値はない」

みんな思っていますよね。
「職場は自分がいないと回らない」「みんなに評価され、同期の中では出世も早いほうだ」
自分の存在に「なんらかの意味がある」と信じていますよね。

でもどうでしょう。今日あなたが交通事故で亡くなっても、職場や学校や社会は、若干の混乱はあったとしてもすぐにもとに戻ります。あなたの代わりにあなたの役目をはたす人も、すぐに現れます。
事故にあわなくたって。歳をとれば、まだまだやれるとしたって、自動的にシステムから外されることになります。

そう思ってしまうのはつらいことです。映画の中でおもちゃたちが、いずれ飽きられ、捨てられ、忘れられてしまう存在であることを知ったときのように。
でもそれが真実。

でもだからといって人の存在に価値がないわけじゃない。
絶対的な価値はなくても、相対的な価値がある。

あなたの存在を大切に思ってくれる家族がいる。あなたが大切に思う仲間がいる。それらの関係のなかにあるあなたの価値。その関係性のなかでしか意味はないけれど、それは人が生きる原動力になる。それがこの映画の主張。

映画館の中には、若者達がいっぱい。自分が主役で、自分を中心に地球は回っていると信じている世代。
だからいつか何十年か経って、大切な人や職業や何か自分の大切なものを無くしたとき。自分の走っているレールに不意に終着点が見えてしまったとき。前に進む意義が見いだせなくなってしまったとき。もう一度この映画を観て、いまとは違ったものを感じ取って欲しいな。

だからこの映画を、本当はもっと年配の人々にもたくさん観てほしい。
でもこの映画の第一印象は、『おもちゃが動き出して、大騒ぎするアニメ』。
中身のテーマと見た目のイメージの大きな落差。
それがピクサー作品の魅力でもあり、足かせでもある。

#255

|

« FLOWERS | トップページ | 悪人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/48906602

この記事へのトラックバック一覧です: トイ・ストーリー3:

» 「トイ・ストーリー3」大感動傑作! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[トイ・ストーリー3] ブログ村キーワード  あの、ウッディやバズたちが帰ってきた!「トイ・ストーリー3」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。前作「2」から約10年(そんなに経ったの!?)。スゴイよ!スゴイ映画になってるよ!!  子供だったアンディも、成長して17歳に。大学へ行くことになったアンディは、家を離れることに。これを機に、身の回りのモノを整理することにしたアンディは、昔よく遊んだおもちゃたちも、仕分けすることに。そして一番のお気... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 12:47

» 【映画】トイ・ストーリー3 [HASの庭]
「トイ・ストーリー」シリーズの第3弾!アンディの元を去っていくウッディたちの友情の物語です! 正直このシリーズ、わが家も沢山の思い出が詰まっているのです。トイ・ストーリー1、2、家族そろって何度も何度も観ました。 このタイトルのPCゲームも子供達と何度も何度もやりました。 そして家の子供達もアンディのように成長してゆきましたが、この映画は家族で観に行こう!と約束しています。 アンディがおもちゃで遊んでいたのも今は昔。アンディは大学に入学する年齢になり、カウボーイ人形のウッディたちおもちゃは託児施設に... [続きを読む]

受信: 2010/07/27 15:52

« FLOWERS | トップページ | 悪人 »