« マイレージ、マイライフ | トップページ | 四季 冬/森 博嗣 »

2010/04/04

ソラニン

Sora Gimme shelter

そう、そんな時、たしかにあったよね。
得体の知れない巨大なものに、どろっとした真っ黒なものに、自分のこれからが塗り込められて、息が出来なくなってしまうように思ったこと。

それは、いわゆる『社会人』とか『大人』とか、そういった存在になるために必ず通らなければならない道で、苦しいけれども通り過ぎてしまえば、退屈だけれども平穏で、束縛はあるけれど安定した、未来がきっと開けていく。そんなふうに思って、そんなふうに信じていたよね。

でもね、今になってみれば、そうじゃなかったことも、よくわかる。
常に望まぬ変化にさらされ、自らがよって立つ基盤もあやふやで。
自分たちの大切なものを犠牲にして手に入れたはずの『人生』も、あの時の苦しみの何倍もの苦しみで、満ちあふれている。

彼女たちの苦しみは、産みの苦しみ。暖かく守られた今までの世界から、苦しみに満ちた本当の世界に踏み出すための、最初の一歩の、最初の苦難。涙を流して乗り越えた彼女たちには残酷だけれど、これからもたくさんの涙と、たくさんの苦難と、たくさんの死が待っている。

でも今だけは、少しだけ安心して。
この先なにが待ち受けているにしても、『今』の価値だけは失われないのだから。

そして遠い未来に、自分たちの最初の苦悩を、きっと懐かしく想い出すはず。

#249

|

« マイレージ、マイライフ | トップページ | 四季 冬/森 博嗣 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/47996534

この記事へのトラックバック一覧です: ソラニン:

« マイレージ、マイライフ | トップページ | 四季 冬/森 博嗣 »