« ゴールデンスランバー | トップページ | しあわせの隠れ場所 »

2010/03/07

ハート・ロッカー

Hl 好みなんじゃないですか…

『爆弾処理班の姿をリアルに描く』
そんなこの映画から伝わるもの。それはなぜか緊張感やスリル、命がけの行動をともにする仲間との友情などではなかった。

戦争とはいえ、銃口を向けるべき敵は目の前にはいない。来る日も来る日も、自分だけの命を危険にさらしながら、爆弾を解体する。毎日毎日。緊張と解放。緊張と解放。やがて緊張も解放も感じなくなる。うんざりする。どうでもよくなる。やめたいけどやめられない。死ぬのは怖いけど、別に死んだっていい。

だからこの映画を見ていると、だんだんどうでもよくなってくる。主人公が助かっても死んでもどうでもよくなってくる。スリルも緊張も感じない。繰り返しの毎日にうんざりしてくる。早く見終わって家に帰りたくなる。

そういう意味では、主人公とのシンクロ率、感情移入度は高いともいえる映画だ。主人公の摩耗した感覚が、閉塞感とうんざり感が観客に伝播してくる。そう、そんな感覚こそが、21世紀の戦場の、いや21世紀の世界そのものを象徴する感覚なのかも知れない。でもそれが、戦争アクションとしても人間ドラマとしても、映画としての楽しさにつながってこないのも確かだ。

そしてそんな、映画として出来が悪いわけではないのに、何ともいえないエンターテインメント性の低さ…

獲っちゃうのかも、しれませんねぇ。えてして、こういうタイプが。

#245

|

« ゴールデンスランバー | トップページ | しあわせの隠れ場所 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/47747077

この記事へのトラックバック一覧です: ハート・ロッカー:

» 「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています。  2004年、夏。イラク、バグダッドで爆発物処理の任務に就く“ブラボー中隊”。或る日、市街地で爆弾処理を遂行中に、予期せぬトラ... [続きを読む]

受信: 2010/03/09 13:45

» 北野武とハリウッド。 [プールサイドの人魚姫]
映画の楽しみ方を大別すると二通りになると思う。 娯楽性と芸術性。この両方を兼ね備えている作品が所謂「名作」と呼ぶかは別としても、見る側の感受性によって受け取り方は異なって来る。 先日、ロサンゼルスで行われた「第82回アカデミー賞授賞式」で、6部門を制... [続きを読む]

受信: 2010/03/14 21:24

» 「ハート・ロッカー」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...... [続きを読む]

受信: 2010/03/21 22:02

» 映画:ハート・ロッカー [よしなしごと]
 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010/04/29 19:31

« ゴールデンスランバー | トップページ | しあわせの隠れ場所 »