« ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎 | トップページ | ラブリーボーン »

2009/12/27

アバター

Avt 極彩色のネガフィルム

12年ぶりに、ジェームズ・キャメロンが帰ってきた。
タイタニック』で大きくその運命が変わってしまったキャメロン。でも久しぶりの本作は、彼ならではのSFアクション映画。束縛された現実と、自由な幻。その二つの世界をリンクしながら、相変わらずのサービス満点、見せ場つるべ打ちである。

彼の過去の映画とあえてこじつけるならば、この映画には『エイリアン2』と『アビス』の面影を感じる。特に『エイリアン2』。この映画は『エイリアン2』の双子の兄弟といってもいいだろう。しかし兄弟ではあっても、ネガとポジ、その姿は180度違っている。

『エイリアン2』で人類はエイリアンと戦った。あの映画のエイリアンの怖さは、コミュニケーションの不能さだったと思う。エイリアンは自らの繁殖を目的として、他のことは何も考えることはない。交渉も説得も命乞いも、何もエイリアンには通じない。

本作でも人類はエイリアンと戦っている。しかし本作において、その立場は逆転している。この映画のエイリアンは、高度なコミュニケーション能力を持っている。周囲の環境と文字通りのリンク《絆》を保持し、調和の中で生きている生命体だ。そしてコミュニケーション不全に陥っているのは人類だ。自らの営利や欲望を目的として、他のことは何も考えることはない。交渉も説得も命乞いも、何も人類には通じない。そう、この映画で恐ろしいのは、私たち人類の側なのだ。

そしてそんな人類に対して。『アビス』では下されなかった鉄槌が、本作では下される。前世紀にはもらえたチャンスを、今世紀ではもうもらえなかった。『アビス』ではあんなに優しかったキャメロンも、本作では人類を見捨てている。

この映画のメッセージは、予告編を見てもすぐわかってしまうくらい、とてもはっきりしている。環境・差別・コミュニケーション。ありきたりだし、使い古されているかもしれない。でもキャメロンはそれを娯楽映画として伝えてくる。言葉で説教するのではなく、映像で見せてくる。あの恐ろしかったエイリアンに、いつの間にか自分たちがなっていた。あのホームツリーの崩壊シーンをみたら誰だって気がつく。『9.11』だって、みんなが加害者になりえたんだって。自分たちの加害者としての恐ろしさを、こんなおもしろい映画のなかでちゃんと伝えている。

12年待っただけのことはある。
人類なら、一度は見ておく映画かも知れない。

#242

|

« ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎 | トップページ | ラブリーボーン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/47127586

この記事へのトラックバック一覧です: アバター:

» 映画:アバター 3D [よしなしごと]
 短い映画だと公開から1ヶ月で終わってしまうものも少なくない昨今、公開から約1ヶ月のアバターを見てきました。公開から1ヶ月弱後の日曜のレイトショーなんて普通ならガラガラなのに、めちゃ込みでしたよ。ちなみにポイントの無料券+300円の3Dでの鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2010/01/27 22:03

» 「アバター」飛び出す!豪華絢爛・大戦闘スペクタクル絵巻!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アバター] ブログ村キーワード  「タイタニック」から12年。ジェームズ・キャメロン、遂に動く。全世界待望の新作!「アバター」(20世紀フォックス映画)。はい、吾輩も待望でございました(^^;。しかし、12年も経ったんですか。待たされた分だけ当然期待は高まりますよね。  下半身不随となり、車椅子での生活を強いられていた元海兵隊員・ジェイク(サム・ワーシントン)は、強盗に襲われ殺された兄の代わりに衛星・パンドラで行なわれる“アバター・プロジェクト”に参加する。パンドラには“ナヴィ”と呼ばれる... [続きを読む]

受信: 2010/02/07 00:42

» アバター(146作目)初3Dも斜視で見れず最悪 [別館ヒガシ日記]
[続きを読む]

受信: 2010/02/14 10:50

« ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎 | トップページ | ラブリーボーン »