« ボルト | トップページ | ディア・ドクター »

2009/08/15

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

Eva2_2 表現者としての成熟

何者も入り込めないほど硬質で、触れただけで傷つくほど繊細で。
包み込むようなやさしさと、目を背けたくなるほどの残虐さ。

新劇場版はこの第2作目から、大きくテレビ版の流れから遊離し始めているようだけれど、表層は変わっていても、深層に流れる本質は何も変わっていない。注目すべき変化は、物語としての現れ方ではなく、その『語り口』ではないだろうか。

人は生きている。歳を重ねれば、成熟もするし老化もする。
前は語ることだけが目的で、それを理解してもらうことは二の次だった。暴走するような勢いで、周りを全部ぶち壊して、出来上がった廃墟に自分のモニュメントを建てていた。
でも今回は、伝えるようとする想いがそこにある。ぶつかる相手を壊してしまうのではなく、ぶつけながらも受け止めさせようとしている。

それが伝えると言うことの本質だから。相手が壊れてしまっては、決して何も伝わらない。伝わらなければ、表現する意味がない。

だから次の最終作の結末は大きく変わるはず。いったん壊してやり直す、そんなやり方ではなくて。たとえぶつかって痛みがあったとしても、それに耐えながら『共存』して何かを伝えあう。

「新劇場版のタイトルから『新世紀』が外れたのは、今が『新世紀』になったから」

これは嘘ですよね。
本当は今回の物語が『Neon Genesis』ではないからなのではないですか?

#225

|

« ボルト | トップページ | ディア・ドクター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/45934830

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破:

« ボルト | トップページ | ディア・ドクター »