« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | トップページ | ナイト ミュージアム »

2009/08/17

ディア・ドクター

Dd被害者=共犯者

『それ』は、太古の昔からずっとずっと禁忌だった。すぐそこにあるのに、誰もが強い関心を持っているのに、そんなもの存在しないかのように、誰も気にしていないかのように。

だからこの映画の登場人物は決して本心を表さない。警察の事情聴取には、典型的な『被害者』としての優等生的な発言を。他者が期待するであろう、だまされた善意の老人の顔を。

そしてその隠された本心は、映画の中では決して明かされない。彼らが『それ』をどう扱おうとしたのか。彼らにとって『それ』は何なのか。そして『それ』をどうしたいのか。

伊野治という、彼らに正体を隠し続けた男。
しかし彼らだって、その本心を決して明らかにはしない。
そう、この映画はあらゆる登場人物が何かを隠している。そして隠したまま、この映画は終わるのだ。現実がそうであるように。

そんな得体の知れない登場人物のなかで、最も得体の知れない男。それは得体の知れない鶴瓶という男にとって、まさに適役だった。

#226

|

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | トップページ | ナイト ミュージアム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/45952605

この記事へのトラックバック一覧です: ディア・ドクター:

» ディア・ドクター [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ディア・ドクター’09:日本 ◆監督・脚本:西川美和「ゆれる」「毒イチゴ」◆出演:笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、香川照之 ◆STORY◆山間の小さな村のただ一人の医師、伊野が失踪した。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは...... [続きを読む]

受信: 2009/09/08 15:10

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | トップページ | ナイト ミュージアム »