« 安徳天皇漂海記/宇月原晴明 | トップページ | クライマーズ・ハイ »

2009/06/21

劔岳 点の記

10noki『大嘘つき』と『正直者』

自分にとって、優れた映画監督は『大嘘つき』だ。1しかないのに10に見せる。この世に存在しないはずの15や20を見せつけて、「ひょっとしたら」と思わせる。そこにある以上のものを、大風呂敷を広げて見せてくれる。

そして優れたカメラマンとは、そこにあるものを限りなくそこにあるままで、フィルムに固定する人なのだろう。10あるものを、劣化させることなくなるべく10に近く記録する。振幅のある被写体の、最高の瞬間をそのまま切り取る。そんな『正直者』がカメラマンなのだろう。

この映画は、実際の場所に行って実際の行程を実際の荷物を持って、まるで再現フィルムのように撮影されたらしい。そこにある自然は雄大で厳しくて荒々しくて、とてつもなく美しい。そんな自然の有様の、見事な瞬間瞬間が切り取られている。そして、その自然に相対したときの人間の矮小さも、ありのままに映し出されている。険しい岩山に必死でしがみつく、蟻のように小さな人間。

結局この映画では、人間は自然の引き立て役。自然の大きさを測る物差しにすぎない。カメラはあくまでも自然の目線であり、人間の目線を映し出してはいない。だから当然そこに映っている、神の視点から俯瞰された、矮小な人間のちまちましたドラマは、見る者の心にはなかなか響いてこない。正直なところ、測量隊の努力や勇気よりも、俳優達の危険や苦労の方がひしひしと迫ってくる。

ドラマとしてのメリハリに欠けるのも気にかかる。映画の大半は、測量隊も山岳会も山をうろうろするだけ。その割には最後はあっけなく、あれでは何となく登頂できてしまったようにしか見えない。またその登頂シーン自体が非常に淡泊なもので、リアルではあるのかも知れないけれど、盛り上がりには欠ける。主役はドラマではなく、あくまでも自然なのだ。

疲れていないのに疲れているように見せたり、重くないのに重いように見せたり、登場人物の思いをセリフや表情で的確に伝えたり。俳優達は多くの特殊技能を持っているはずなのに。それらを発揮することもなく、疲れているシーンは疲れさせられ、重いシーンは重荷を背負わされ、登場人物の思いは大自然の前ではあまりにもちっぽけで。

多くの苦労と危険の挙げ句にこれでは、彼らの苦労が浮かばれない。

映画において、監督と撮影監督という二つの仕事がある理由が、とてもよくわかる映画です。

#219

|

« 安徳天皇漂海記/宇月原晴明 | トップページ | クライマーズ・ハイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/45409847

この記事へのトラックバック一覧です: 劔岳 点の記:

» 劔岳 点の記 言葉に出来ない映像美と感動(TωT)ウルウル [労組書記長社労士のブログ]
【 36 -8-】  TOHOシネマズ、梅田でも難波でも上映していないので、わざわざ西宮ガーデンズまで行って鑑賞。 むちゃくちゃく楽しみにしていた、もしかしたら今年では一番楽しみにしていた映画かも。  古来よりその険しさから「針の山」、宗教上の理由から登ってはならない「死の山」と伝えられてきた前人未到の山・剱岳。明治40年(1907年)、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎は、突然、陸軍参謀本部から呼び出される。「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」―当時、ほとんどの山は陸地測... [続きを読む]

受信: 2009/06/25 13:59

» 『劔岳 点の記』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受ける・・・。感想日本ア... [続きを読む]

受信: 2010/05/23 23:04

« 安徳天皇漂海記/宇月原晴明 | トップページ | クライマーズ・ハイ »