« ボーン・コレクター/ジェフリー・ディーヴァー | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

2009/04/05

フロスト×ニクソン

Fnもしかして、『魂』が映っているの?

映画は情報の固まりだ。そして情報は数値化できるし、数値はコンピューターで扱える。最近の高度に発達したコンピューターグラフィックスを使えば、どんな実写でも再現できる。もうすぐ映画で実写を使う意味さえなくなる。そんなふうに言われることも最近は多い。

でも本作を観ると、それが誤りだとよくわかる。二人の男が、いや大部分は一人の男が、椅子に座って話しているだけ。それなのに、サスペンス映画のような緊張感と、ボクシングのような高揚感と。そこだけ空気が違うかのように。なにかの波動が出ているかのように。俳優が身にまとっている『もの』はいったい何なのだろう。

逆境を跳ね返してのし上がった成り上がり者。でもどんなに頂点に登り詰めてもキズはなくならない。そしてもう一人の、自分のネガのような成り上がり者に、キズを見せつけられて砕けてしまう。そんな男がたしかにそこに映っている。

仕草や姿勢や声の抑揚や。形態模写的に細かいものを積み重ねても、きっと説明できない。俳優だけが持っている解析不可能なもの。脚本でも演出でもCGでもなくて、それこそが映画にとって最も貴重なものなのかもしれない。

俳優という存在の凄さを、思い知らされる作品です。

#212

|

« ボーン・コレクター/ジェフリー・ディーヴァー | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/44571273

この記事へのトラックバック一覧です: フロスト×ニクソン:

» フロスト×ニクソン 大きな勘違いが発覚(^◇^;) [労組書記長社労士のブログ]
【 19 -5-】 正直、予告編で見てるときはちっとも興味なかったけど、どういうわけか、うっかり見に行ってしまった。  ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタビュー番組を企画。ニクソン側も扱いやすいフロスト相手のインタビューを名誉回復の機会ととらえ、法外なギャラで出演契約を結んだ。フロストは事件に対する謝罪の言葉を引き出すべく、ゼルニックとレストンをブレーンに迎え、質問の練り上げ作業に入るのだが…... [続きを読む]

受信: 2009/04/08 04:22

» 『フロスト×ニクソン』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)がウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。その光景をテレビで見てい... [続きを読む]

受信: 2010/05/22 15:21

« ボーン・コレクター/ジェフリー・ディーヴァー | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »