« パッセンジャーズ | トップページ | DRAGONBALL EVOLUTION »

2009/03/13

エミリー・ローズ

Er午前3時
悪魔が活動する時間だ

悪魔祓いの映画といえば、当然のことながら「エクソシスト」である。その「エクソシスト」と、重厚な法廷ドラマ。関連のない両者を絶妙に組み合わせたのが、実話を題材とした本作である。

「エクソシスト」のころ「オカルト」と呼ばれていたジャンルは、やがて「スプラッタ」にとってかわられ、今は単に「ホラー」と呼ばれている。殺人鬼も恐怖も、その実体に疑いはない。そこに「ある」ことに疑いはない。でも「神秘」はどうだろう。それは信じるか信じないか。どこにでもありそうで、どこにもない。

法廷という、人の英知と正義と公正さと、人の最も明るく正しい面を象徴する存在。その法廷に、壮絶な悪魔祓いが持ち込まれる。「エクソシスト」顔負けの悪魔祓いシーンも怖いが、法廷で、どんなにどんなに人が踏み込んでいっても、底の見えてこない「神秘」も怖い。どんなに真摯に向き合っても、正体は見えない。でもいつの間にか、むこうから忍び寄ってくる。

そしてそんな「神秘」に対して法廷が出した答え。力で押さえつけようとするのではなく、目を背けるのでもなく。それがあくまでも「やさしさ」、翻弄されながら生きる人への「思いやり」であったこと。

信じる信じないではなく、信じる生き方を否定しないこと。
それもまた、英知なのだ。

#208

|

« パッセンジャーズ | トップページ | DRAGONBALL EVOLUTION »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/44333065

この記事へのトラックバック一覧です: エミリー・ローズ:

» 映画『エミリー・ローズ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Exorcism of Emily Rose 「恐れおののいて自分の救いを達成するように努めなさい」・・1976年の旧西ドイツ時代に実際に起こった「悪魔祓い事件」の裁判を基にしたホラー的法廷劇・・・ 奨学生のエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)19歳、寮... [続きを読む]

受信: 2009/03/31 12:04

» エミリー・ローズ - The Exorcism of Emily Rose - [むーびーふぁんたすてぃっく]
エミリー・ローズ [ノーカット版] [DVD] 「エミリー・ローズ - The Exorcism of Emily Rose -」 感想 ホラー映画はあまり観ないんだけど、驚く事に「... [続きを読む]

受信: 2010/04/25 06:26

« パッセンジャーズ | トップページ | DRAGONBALL EVOLUTION »