« 少年メリケンサック | トップページ | マンマ・ミーア! »

2009/03/01

7つの贈り物

Sevenpounds7には7で

一見不思議に見えるものも、隠された意図が明らかになれば、それは必然となる。この手の映画の面白さは、いかに上手に意図を不思議で隠していけるか、そしていかに鮮やかに意図を明らかにできるかにかかってくる。この作品はまったく予想できないような結末ではないけれども、とても整理された展開とほどよい伏線の張り具合で、最後までなかなか楽しめる映画となっている。さすがは今最も「稼げるスター」の主演作である。しかしその割に感動も、どんでん返しの爽快感も味わえないのも事実。それはなぜだろう。

主人公の行動は誰が見ても常軌を逸している。それは彼の隠された意図が明らかになっても変わらない。彼は完全に潰れてしまっている。自らの罪の意識に耐えかねて、完全に妄執に囚われてしまっている。もちろん人間は弱いもの。その有様を隠さず描くことも大切だろう。そしてそれがどんなものであれ、自己犠牲は確かに感動を呼ぶものではあるだろう。

しかしどうだろう。弱い人間が逃避の果てに、自己満足な贖罪を果たすさまを、同じように弱く、同じように逃げてしまいがちなわたしたちに、あえて見せる意義はなんだろう。そんなわたしたちだからこそ、たとえ無駄でも、たとえ見苦しくても、逃げずにあがき続ける姿を見る必要があるのではないだろうか。

確率がたったの3%しかなくても、お互いに支え合って、その確率にすがりながら1日づつ進んでいくこともできたのではないか。彼のやり方では7つしか救えないけれど、彼が世界に働きかけていくことで、7が14、21になる「可能性」だってあるのではないか。

7と7で帳尻を合わせるのは、単なる物語の技法にすぎない。技法を凝らすことにかまけて、肝心のものを見せることができなかったこの映画に、感動がないのは仕方がないことかもしれない。

#204

|

« 少年メリケンサック | トップページ | マンマ・ミーア! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/44213252

この記事へのトラックバック一覧です: 7つの贈り物:

» 映画「7つの贈り物」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:SEVEN POUNDS それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス~ 不思議な男ベン・トーマス(ウィル・スミス)、海辺の豪邸、7人の名前が書かれたリストを見... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 22:59

» 映画:7つの贈り物 [よしなしごと]
 幸せのちからは微妙でしたが、ウィル・スミス主演の7つの贈り物を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009/03/17 00:33

« 少年メリケンサック | トップページ | マンマ・ミーア! »